サラリーマン大家が流行っているのは、副業として不動産が適しているからだと思われる。
不動産は投資ではなく賃貸業だと言われるものの、やはり立ち位置としては投資だと言わざるを得ない。

不動産は現金を安定化させるための投資

自己資金ゼロから始める不動産投資がある。
これはフルローンもしくはオーバーローンを引いて、物件を購入し、返済額や経費以上の家賃を得るという手法である。
この場合、ほとんどのお金が返済に回され、手残りも大規模修繕や次の物件取得費として押さえておかなければいけない。
そういう事情もあってか、不動産投資家はみな、質素な暮らしをしているような気がする。
サラリーマンをやめて自由な暮らしをしたいだけならそれでも良いが、大志を抱いているのであれば、もっと大きなことをしなければいけない。
サラリーマンをしながら、不動産投資へと踏み出した方々は非常に勇気のある志を持った人であることは間違いない。
ただ、やはり質素な暮らしからは抜け出せないような気がするのである。
贅沢な暮らしがしたいならどうすれば良いのだろうか。

起業するしかない

やはり起業して自分のビジネスを持つしかないと思う。
もちろん、資金調達は難しいし。売上を立てるのももっと難しいだろう。
それでもリスクをとって、ビジネスに挑戦することで、贅沢な暮らしができる可能性があるのだ。
不動産はあくまで投資であって、完全な事業とは言い難い。
資産運用会社を作ったとしても、株を集めて上場まで行く人はほとんどいないだろう。
もし上場するとしても、不動産賃貸業ではなく、販売や仲介、管理など不動産全般の事業に関わっている会社のはずだ。
大きく勝負に出るには起業をするしかないのである。

投資はお金を安定的に運用するためのシステム

不動産も株も資金がないうちから始めても、ギャンブルになってしまう。
株に比べると不動産はギャンブル性が低いからこそ、サラリーマンにおすすめの副業と呼ばれているが、お金を持ってからの投資としては株の方が楽である。
不動産も株も持っている資金によってメリットデメリットはあるが、どちらも投資であることは間違いない。
まずは自分のビジネスで大きな資金を作らないといけないのである。

資本主義社会で会社員がお金持ちになることは不可能

会社員はお金持ちになれない。
これは本当だと思う。
資本主義という制度上、会社員をお金持ちにするような資本家はいないだろう。
後継息子が会社員であり、社長の父が高い給料を出して、実質相続のような形にすることはあるかもしれないが、基本的には、会社員の給料には限界がある。
だからこそ、資本家(起業家)にならなければいけないのである。
株を100%持っている社長は、資本を100%持っているわけだから、完全なる資本家である。
このように自らが所有することでしかお金持ちにはなれないのである。