やるべきことを減らす

Share on:

最近副業を始めてから、毎日がとても忙しく、充実しているように感じる。
今まで本を読んだり、緊張感のない余暇を過ごしていたが、常に緊張感のある日々を過ごすことができるようになった。
とてもいい流れがきていると感じてはいるのだが、労働時間が増えて、自由な時間が減ったことには変わりない。
何をするかを自分で決めなくて済んだことに安心感を覚えてしまっているのではないかとも思っている。
それはいかん。ということで、やるべきことを減らすにはどうすればいいかを考えてみる。

無駄を減らす

生活の中には無駄が多く存在する。
電車での移動時間や夜寝る前のネットサーフィンの時間など、削れるところはたくさんあるはずだ。
何をするかではなく、何をしないか、というところに焦点をおいて、無駄なところから省こうと思っている。

ネットサーフィンの時間はもう少し減らしてもいいとは思っているが、家事をする時間を減らすために家事サポートを頼んだり、電車の時間を節約するためにタクシーを使うほど、私の時間単価は高くない。
時間単価の高い仕事をこなすようになったら、時間を買いたいと思う。
今は、お金をかけずに減らせることを減らしていこうと思っている。

ルーティンを作る

副業はいつやってもいいし、何時間やってもいいことになっている。
とても良い条件だ。
だからこそ自己管理が必要なのだが、1 週間に 10 時間ほどの稼働を見込んでいる。
そうなると、平日週 2 日、2 時間ずつの稼働+休日に 6 時間の稼働をするべきだろうか。
それとも平日を 3 日にするべきだろうか。
そこは細切れの時間か、まとまった時間かを柔軟に決めていきたいところだ。
そのほかにも、朝起きる時間や寝る時間、仕事終わりの時間など、予定が決まっていない部分はなるべくルーティン化してしまった方が楽だと思う。

無駄な誘いには乗らない

友達からの飲み会や休日のイベントなど、何も得るものがなにのであれば行く必要はない、家で仕事をしたり、勉強をする。
残業もなく、休日出勤もないので、休日は比較的暇で、平日の夜が結構時間が足りないな〜と思ったりするので、平日は 2 日だけ仕事をして、休日は 1 日まとまった時間を取ろうと思う。
お酒を飲んでしまうと、時間も取られるし、そのあとの時間は仕事も勉強もできない。
いいことはほとんどないので、やはり無駄な飲み会には行くべきではない。

まとめ

仕事や生活環境が変わると、時間の使い方も変わってくる。
その都度、どんな生活を送るべきかを考え、より効率的でストレスの少ない生活を送ろう。
時には休むことも必要だし、仕事だけでなく、勉強することも大事だ。
生活のバランスを常に意識して置くべきだ。