アナ雪2をMX4Dで観てきました

Share on:

先日、人生初の4Dを観てきました。
12月1日は映画の日で料金が1000円になるので、+1200円する4Dを奮発してみたというわけです。
おそらく次に4Dで観るのは来年の12月1日だと思います。
MX4Dは、TOHOシネマズなどが導入している4D技術のことで、もう1つ、4DXという技術もあります。
詳しくは、4DXとMX4Dの違いについてまとめてみたで説明してます。
今回アナ雪2を観てきました。
全く予告も観ず、そのブランド力だけで僕は惹かれてしまったのですが、やはりディズニー映画はハズレがないなという感想です。

アナ雪2の感想

アナ雪1が僕的にはとてもおもしろかったし、もちろん曲も良かったので2も期待していました。
期待以上ではなかったのですが、期待通りに良い作品でした。
いくつか良かった点を上げていきましょう。

オラフがおもしろい

アナ雪ってストーリーだけ見ると、けっこうシリアスな内容なんですよね。
女王になって幸せな生活をしているシーンなんて5分くらいです。
いきなりお父さんに怖い話をされて、次のシーンではエルサが怖い話の兆候を感じ取ります。
しかし、ディズニーは夢の世界を魅せないといけないので、シリアスで終わらせてはいけないわけです。
そこでオラフ登場。
大人も子供も笑える絶妙なネタを披露してくれます。
誰も不幸にしないあのキャラは絶対に必要だなーと思いました。
あ、ちなみにオラフの声優はピエール瀧じゃなくなってました。
普通の声優さんだったと思います。
そこはちょっと残念ですね。。

ストーリーが面白い

ディズニーって子供向けなイメージがあるのですが、アナ雪1でも思ったとおり、ストーリーがしっかりしているんですよね。
しっかりしているというのは、敵がある程度強くて簡単には勝てない。
一度は挫折する。
伏線を回収する。
涙もある。
などですかね。
オラフのおかげでシリアスなストーリーに仕上げることができるので、ここまで作り込めるんだと思います。
オラフバンザイ!

なんといっても曲!

アナ雪といえば曲ですよね。
僕は予告を一切見なかったので、どんな曲なのか一切知りませんでした。。
劇中やエンドロールを合わせて10曲くらい流れるんですが、どの曲もいい感じでした。
一番良かったのは主題歌です!
劇中で流れる主題歌は松たか子が歌い上げるんですが、エンドロールで流れる主題歌はロックバージョンになってるんです。
これがとてもかっこいい!
僕はロックが好きなので、ロックバージョンの主題歌にはとても感動しましたね。
あと、クリストフが劇中で歌う曲もあるんですが、これはエンドロールではWeezerが歌っています。
Weezerは有名な海外バンドなので、ロック好きな僕としてはここも加点ポイントでした。
ポップな感じではないのでアナ雪ブームが再来するとは限りませんが、個人的にはとてもかっこいい曲で大満足です。

良くなかった点

良い点ばかりというわけでもないので、良くなかった点も簡単に上げておきます。

  • オラフがピエール瀧ではない
  • 歌と口の動きが合っていない
  • エルサの髪型がギャルっぽくなる

一つ一つ説明はしませんが、劇場で確認してみてください。

MX4Dの感想

僕はジェットコースターが苦手なので、4Dは今まで避けてきたのですが、アナ雪ならいけるだろ、と思って今回4Dで見ることにしました。

3Dではない

MX4Dを観るときに勘違いしてしまいがちなのが、3Dではないということです。
僕も3Dメガネが必要だと思って、店員さんに「3Dメガネ持ってないんですけど大丈夫ですか?」と聞いてしまいました。
MX4Dは椅子が動くだけで、画面は立体的にはなりません。
ここは気をつけましょう。

基本は動きと風

MX4Dの説明を見ると、いろんな動きがあって、水も出てきますと書いてありますが、基本は椅子が動いて風が出てくるのみです。
動き方や風の出方の違いは分類するほどのことでもないので、動きと風があるのがMX4Dです。
水が出てくる場面もありますが、霧吹きで吹きかけられたより少ない量ですので、化粧が落ちるとかメガネが曇るといった心配は必要ないです。
これは水が出たのかな?と思うレベルです。
気になるようでしたら、頭を左右に傾けておくだけで当たらなくなるのでちょっとずらしましょう。

席が広い

座席がめっちゃ広いです。
動いてるところにお客さんが来てあたってしまうということがないように広くしてるんだと思いますが、席が広いので入るときに他のお客さんに譲ってもらう必要がないのがいいですね。
上映中にトイレに出たりするときには座席が動くことがあるので注意しましょう。
シートベルトはありません。

最初は座席が気になって頭に入ってこない

動きに慣れるまでは最初のストーリーが全く頭に入ってきませんでした。
慣れれば快適ですが、慣れてしまうとわざわざ動かす必要はないんじゃないかなという感じですよね。笑
ストーリーと動きは基本合ってますが、たまに「なぜここで風?」と思うシーンもあるので、若干気が散ることがあります。
あくまでアトラクションとして捉えないといけませんね。

3Dよりは良かった

3Dだと目が疲れてしまうので、4Dは画面の3Dがなくてよかったです。
アナ雪は子供でも見れるということもあり、映画ガチ勢にとっては退屈に感じてしまうかもしれません。
そういう人は、4Dにすれば少しは退屈を紛らわせることができるのではないかと思います。
ディズニーのアトラクションに乗っている感覚ですね。
ちょっと料金は高いですが、ギフト券を使ったり、安くなる日に奮発して4Dを観てみてはいかがでしょうか。