クレジットカードと現金ではどちらが節約になるのか

Share on:

ひと昔前までは、クレジットカードは使いすぎてしまうとかセキュリティが不安という声もあった。
その頃はクレジットカードが使えるお店も少なく、ネット通販も主流ではなかったため、クレジットカードの必要性が少なかったともいえる。
昨今のキャッシュレス社会の普及により、クレジットカードを使う機会がかなり増えた印象だが、クレジットカードにしたことによって現金よりも節約することができているのだろうか。
※キャッシュレスと一括りにして、QRコード決済やSuicaなどもクレジットカードに含めるとする。

結論としては節約できていると思う

クレジットカードは手元に現金がなくても使うことができる便利なカードだ。
その便利さが仇となって、使いすぎてしまうという欠点もある。
使いすぎないためには現金を持つべきなのだろうか。
結論としては、クレジットカードの方が節約することができると思う。
理由は2つあるが、
1つは、明細書をネットで確認することができ、支出の管理がしやすくなったからである。
クレジットカードを使うと、クレジットカードの会員ページの明細に使用した金額が表示される。
これで、毎月いくら使用したかを確認することができるのである。
明細に反映されるまでにややタイムラグがあるが、最近のクレジットカードはほぼリアルタイムで反映されている。
現金だとレシートや財布の中身を確認して整理しないと支出が見えてこない。
確かに5000円だけ財布にいれておけば5000円以上使うことはできないわけだが、いつのまにかなくなっていて、またすぐにATMで現金を下ろすことになりかねない。
明細を確認するようにすれば、クレジットカードの方が節約することができるのである。
2つ目の理由は、ポイントがつくことである。
クレジットカードを使うと、だいたい1%のポイントがつく。
現金で購入するより1%安く買うことができるというわけだ。
たったの1%と思うかもしれないが、例えば楽天カードを使って、楽天市場で購入した場合、ポイントは3%〜10%ほどつくのである。
10%還元されるのであれば、クレジットカードを使った方がお得である。
以上2点がクレジットカードの方が節約することができる理由である。
しかし、クレジットカードにも問題が発生する。
それは、現金がなくても使いすぎてしまうことである。
これについてはデビットカードや電子マネーで対応しよう

デビットカードと電子マネーは現金とクレカのいいとこどり

デビットカードであれば、銀行の預金残高以上の額は使うことができない。
そのため、支出用の口座に使う分だけのお金を入れておけば、使いすぎることはないのである。
電子マネーやプリペイドカードも同様である。
はじめに現金を2万円入れておけば2万円以上使うことができなくなる。
特にデビットカードは、ポイントがつくし、通販でも使えるからおすすめだ。
クレジットカードよりはポイント還元率が低いので、支出をコントロールすることができる人は、クレジットカードを使う方がよい。

現金は手数料がかかる

クレジットカードはポイントがつくのに対して、現金はむしろ手数料を払わなければいけない。
というのも、ATMから現金を引き出す時に手数料がかかるし、通販で銀行振込や代引きで購入すると、これも手数料を取られてしまう。
クレジットカードは使えばお得になるのに、現金は使えば手数料を取られるのである。
海外旅行に行く時の外貨両替も現金だと手数料が高いが、クレジットカードのキャッシングやデビットカードだと現金に比べ、手数料が安い。
デビットカードはキャッシングと違って、お金を返す必要もないのでおすすめだ。

クレジットカードの弱点はリボ払いとキャッシング

クレジットカードにもデメリットはある。
それはリボ払いとキャッシングである。
リボ払いというのは分割払いのことで、キャッシングは借り入れである。
どちらもかなり高い金利を取られるので、これらを使ってしまうと現金の手数料よりもはるかにマイナスが大きくなるから気をつけよう。
ちなみにデビットカードならリボ払いもキャッシングもない。

デビットカードに贔屓しすぎ?

さっきからデビットならデメリットを消すことができると何回も言ってきたが、クレジットカードを持つのが不安な人はデビットカードを持つべきである。
デビットカードはポイント還元率が低いのがデメリットではあるが、現金に比べれば少しでも還元されるだけマシだ。
さらに海外旅行に行った時に現金を下ろすのに便利であるから、1枚は持っておいた方が良い。
もう一つデメリットとして、月額課金のサービスには使えないことがあるということだ。
毎月課金制のビデオオンデマンドサービスなどは一部デビットカードに対応していないものもあるから、そうしたサービスにはクレジットカードを使うしかない。
現金払いも対応していないものがほとんどであるから、クレジットカードも1枚は必須だ。

普段使いにおすすめなのがキャッシュカード一体型のデビットカード

普段使うのにおすすめなのが、キャッシュカード一体型のデビットカードだ。
私はSBIのカードを使っているが、普段はデビットカードを使い、現金が必要になったらそのカードで下ろすことができる。
SBIネット銀行なら引き出し手数料は月に数回は無料になるから、このような使い方をしていれば基本的にATM手数料もかからない。
SBIネット銀行は振込手数料無料で、定額自動入金という機能もあるから、給料は他の銀行に振り込んでもらい、毎月使う分だけ、SBIネット銀行に振り込んでおけば使いすぎ防止になる。
SBIの回しモンみたいになるが、ミライノカードというSBIのクレジットカードで公共料金の引き落としなどを行えば、ほぼ定額の支払いに対してはポイントの高還元が狙えるし、余った預金はSBI証券口座に無料で移せば投資もできる。
貯金をする体制を作りたいならSBIネット銀行を使うことをおすすめする。

まとめ

ほとんどの場面でクレジットカードが使えるようになった今、現金の出番はないように思える。
割り勘はLINEPayやKYASHを使えばいいし、それらをやっていないような人とはご飯を食べに行かなければいい。
一部の飲食店でもクレジットカードを導入していなかったりするが、もしそうならその店には行かなければ良い。
それでも生活には困らない。
だから、現金をやめて、キャッシュレスに生きていこう。