スペシャリストとゼネラリストのどちらを目指すべきか

Share on:

日本の大企業では、総合職という職種がある。
総合職とは主にゼネラリストを目指すための職である。
ゼネラリストは、上流工程で多くのことを広く浅くこなすような人のことで、キャリアとしては管理職になる傾向がある。
これは、年功序列の日本ならではのキャリアなのかもしれない。
なぜなら、スペシャリストであっても、高い給料をあげる文化が日本の会社にはないからだ。
そうなると、必然的に年功序列の給与形態になり、スペシャリストよりもゼネラリストを育てることが多くなる。

日本の社会に一石を投じる制度

これからの日本は高度プロフェッショナル制度というものを導入するようである。
これは、スペシャリストに対して、正当な評価を行うための制度である。
がしかし、この高度プロフェッショナル制度に反対する人が多いらしい。
というのも、日本にはスペシャリストが非常に少ないため、既得権を守るためにはそんな制度は必要ないのである。
守るのは日本の社会ではなくいつでも自分の身なのである。
とはいえ、これからの日本のIT業界を筆頭に若くても実力があればお金持ちになれるような社会になっていくのではないかと思う。
そうなると、スペシャリスト(主にプログラマでしょうね)を目指す人が多くなってくる。
それでは、従来のゼネラリストはもう不要なのだろうか。
スペシャリストとゼネラリスト、どちらを目指すべきなのだろうか。

ゼネラリストを目指すべき

私の意見としてはゼネラリストを目指すべきである。
そこには2つの理由がある。
一つは個人プレーの世界になってくるからである。
これからの時代は、単純に会社で成果を出して給料をあげるだけでなく、会社に所属せずに個人で仕事を請け負うパターンも増えて来るだろう。
そうなると、プログラマはプログラミング能力を求められるわけだが、それだけではない、法人化するなら会社運営の知識、税金、法律といったあらゆる知識が必要とされる。
もちろん税理士という個人を雇うことで、比較的楽に決算を行うことができるのかもしれないが、それでも最低限の知識が必要である。
このようにあらゆることに対して最低限の知識が必要とされる社会こそ、ゼネラリストを目指すべき理由である。
さらにもう一つの理由としては、スペシャリストは労働から解放されないからだ。
スペシャリストというのは、自分が手を動かして仕事をするタイプである。
いくらスペシャルな存在になろうとも、あなたは1人しかいないわけであり、どれだけの能力があっても上限はあるだろう。
そうなると、給料をあげるためには、休まずに長時間働くことが求められるわけだ。
働くことをやめてしまえば、そのスペシャリティも発揮されないというのがスペシャリストの欠点である。
対して、ゼネラリストは管理職向けのキャリアであるため、人を雇って使うことに優れているとも言える。
仕事に対する幅広い知識とマネジメント能力があれば、会社の代表として社員を使うという立場になることができるのだ。
会社の代表というのは資本主義社会で言うと、資本家という立場になり、自分は働かずに社員や生産設備に働かせることができる。
自分は働かずに利益は青天井である。
会社に属することにとらわれず、個人プレーや独立といった立場に適用することができるのはゼネラリストなのである。

ゼネラリストは能力が見えにくい

ゼネラリストにも欠点はある。
それはどのような能力があるのかが見えにくいという点だ。
プログラミングのスペシャリストであれば、若くても素晴らしいアプリケーションを作っていれば実力をアピールすることはできる。
しかし、ゼネラリストの評価というのは過去の実績で測られることが多く、若手が不利になってしまう。
こうした背景からも、日本のゼネラリスト育成主義は転職に向かないのかもしれない。
ゼネラリストとして失敗するパターンはずっと会社員でいることである。
先ほど述べたゼネラリストのメリットは、あくまで会社員を抜け出して独立する前提であった。
しかし、大多数の人は会社員としてキャリアを積んでいるため、ゼネラリストでは能力が評価されなくなってしまうのだ。
会社員としてキャリアを進めていくのであれば、スペシャリストを目指す方がよいだろう。

ゼネラリストは潰しがきく

スペシャリストというのは、ある特定の技術に特化した人のことだが、ここに欠点が生まれる。
それは技術が衰退すると能力が発揮できなくなることだ。
プログラミングの能力がある人でも、新しい技術が出てきたら、その人のスキルは使えなくなってしまう。
もちろんそれをさけるためにスペシャリストというのは日々スキルをアップデートしていかなければいけない。
ということは、稼ぐために自分で働き、家でも日々勉強をしなければいけないわけだ。
イチローのような野球のスペシャリストでも、野球以外のことをする時間はない。
もちろん本人が好きでやっているなら問題ないのだが、多くの人は心から好きといえることはやっていないはずだ。
好きでもないことをひたすら続けると言うのは苦痛でしかない。
だからこそ、スペシャリストは報われないのだ。
ゼネラリストに関しては、浅く広いスキルであるため、比較的他の業界にいっても通用することがある。
スキルを分散して投資してリスクを回避している感じだ。
ゼネラリストも日々の勉強は必要だが、スペシャリストほど知識をアップデートする必要はなく、自由な時間もあるだろう。
理想は、独立をして社員を使う立場になることだが、会社員として能力が評価されない立場にいても、家で必死にスキルをアップデートしなくてもなんとかなる仕事があるはずだ。

総合的なリターンはゼネラリストの方が大きい

どのスキルを身につけるかというのは、どんな株に投資するのかということと似ている。
一つのスキルだけの投資をすれば、リターンは大きいが、それだけリスクもある。
多くのスキルに投資をしておけば、リターンは少ないものの、リスクも減らすことができる。
株の場合はこのリスクとリターンの関係が変わることはないのだが、スキルに関してはそうでもない。
多くのスキルに投資しておくと、スキル同士が相乗効果を生み出し、大きなリターンを生み出すこともあるのだ。
さらに独立をして社員を雇うことになれば、社員の労働力というレバレッジも効かせることができる。
一つのスキル(スペシャリスト)の場合は、そのスキル次第であり、レバレッジはほとんどない。
結論を言うと、総合的なリスクに対するリターンの期待値はゼネラリストの方が高くなると考える。