ブログにはお金をかけまくるべし

Share on:

「無料で稼げるのがブログ」
確かに、理論上は無料でも稼ぐことはできる。
ブログ界の帝王であるイケハヤさんはライブドアブログで運営しているので、完全無料で稼いでいるのかもしれない。
(最近Wordpressに移行してなんか大変そうだが、、)
ブログをやる人が増え始めて、もはや素人が無料で稼げる時代は終わったと思っている。
だからこそ、ブログにはお金をかけまくるのだ!

サーバとドメイン

アメブロやはてなぶろぐ、ライブドアブログを使えば誰でも無料でブログを始めることができる。
初心者はそこでブログの書き方を学び、徐々に有料のブログに移行していく方法もある。
問題はいつまで初心者でいるつもりなのか、ということだ。
1年無料ブログを使って有料に移行するとしたら、その1年はほとんどお金を稼げないことになる。
ドメインパワーももらえない。
できることなら最初から有料ブログを作った方がいいだろう。
サーバ代が月1000円くらい、ドメイン代が年1000円くらいである。
合わせても年間13000円なので払えない額ではないだろう。

WordPressのテーマ

次にWordpressのテーマを購入しよう。
無料でもテーマはたくさんあるが、有料のほうが便利でデザインも優れている。
おすすめは、「Diver」と「affinger5」だ。
他にも「JIN」も有名である。
テーマの価格はだいたい15000円前後である。

画像

画像も有料にしよう。
無料の画像もあるが、有料にしたほうがクオリティが高いし、質やサイズも統一感が出る。
このブログでは画像は使っていないが、無料の画像を使うくらいなら画像は取り除いた方がいいと思っている。
画像にタイトル文字をいれてわかりやすくしている人もいるが、手間を惜しまないならありだろう。
有料テーマはがっつり使うなら月20000円。
かなり高い。

SEO分析ツール

Googleのサーチコンソールを使えば基本的なSEO分析はできるのだが、より便利に使いたいなら有料ツールを使うべき。
WindowsならGRC、MacならRank Trackerを使おう。
Rank Trackerは半年で15000円のライセンス購入である。
実はここまで紹介した有料のものは、僕がブログに支払っているものである。
ブログに対してかなりお金をかけているのだ。
このブログはあまりお金をかけないようにしているが、他のブログは結構手が込んでいる。

外注

最後の砦が外注だ。
僕も外注はしたことがなくて、あまり教えられることはないかもしれない。
誰かに記事を書いてもらうのだが、だいたい1文字1円〜5円くらいでやってくれるみたい。
僕はアフィリエイト用の量産記事は書いておらず、実体験に基づいた僕にしかかけないことを書いているので、外注には出せない。
ただ、一度はやってみたいと思っている。

まとめ

ブログを無料でやっている人に差をつけたいならお金を払うしかないですよ。
他にもマーケティングやライティングの勉強をしたり、セミナーに行ったりすることも必要だ。
一度稼げるようになってしまえばあとは払ったお金分は取り戻せるので、まずはお金をかけまくって、キャッシュフローを生み出そう。
早めにキャッシュフローを作ることを優先する