ブログネタの見つけ方

Share on:

2020 年 3 月からブログの毎日更新を続けています。今が 7 月なので、約 3 ヶ月間続けることができています。

ブログのカテゴリも増えて、プログラミングや転職に特化したブログではなくなり、ただの雑記ブログとなってしまいましたが、何とかネタを見つけて毎日書いています。

ブログのネタに困ることはたまにあるのですが、それでもたまにです。30 分も考えれば、いくつかのネタが思い浮かびます。

ネタの見つけ方は、大きく 3 つあります。

  • 読書
  • 他の発信者に意見する
  • 新しいことにチャレンジする

困ったときは読書

ネタの宝庫は、読書です。ネットのニュースやテレビには、面白いネタがありません。

常識を覆したり、新たな発見をするようなネタはたいてい本の中に眠っています。

書評を書くだけで 1 つのネタになる {#書評を書くだけで 1 つのネタになる}

本を読んだら、書評を書きます。読み終わってすぐ書いたとしても、覚えていないことが多く、読み返しながら書いています。

それだけ読書した内容を定着させることは難しいので、備忘録的に書くことが多いです。

書評は絶対に 1 ネタになるし、Amazon のリンクを貼れば広告収入にもなります。

雑記ブログを書いているなら、書評は必ず入れておきたいネタです。

本の中からネタを探す

1 冊の本=1 記事ではもったいないです。本を読むのに 2〜3 日はかかるとしたら、ネタを探すのに 2〜3 日かかっているのと同じです。

書評とは別に、内容を切り出して自分の意見を書くことで、1 冊の本が何記事にもなります。

読みながら目次ごとに記事を書いていけば、本の内容を忘れにくくなるので、インプット、アウトプット、両面から考えておすすめの方法です。

インフルエンサーのアンサーネタは簡単

Twitter やブログ界には、有益な情報を発信しているインフルエンサーと呼ばれる人がたくさんいます。

彼らの発信内容に意見するように記事を書くのも、おすすめです。

似たような発信をしているインフルエンサーに答える

僕の場合、プログラミングや転職の話題を発信している人からヒントをもらって、意見を返すように記事を書きます。

例えば、
「リモートワークはするべきなのか」
「未経験からの転職方法」
「副業と本業のバランス」
などです。

記事のネタになるだけでなく、インフルエンサーの意見を真に受けないようになります。

インフルエンサーは極端な意見を発信することで議論を巻き起こすことを生業にしていますから、自分の意見を持つことはとても大事です。

メリット・デメリットを自分なりに分析する

インフルエンサーの意見に答えるときに考えるべきは、「メリットとデメリット」です。

例えばこの記事に答える記事を書くとしたら、「書評を書くメリット・デメリット」とかどうでしょうか。

書評はおすすめですと書きましたが、デメリットもあるはずです。

反対意見を考えてみる

インフルエンサー=正しいと考えてしまうのは、安直すぎるというか、手のひらで転がされてる感があるので好きではありません。

性格が天の邪鬼なのかもしれませんが、つい反対意見を考えてしまいます。

権力を持つ人が正しいという認識を変えて、事実として正しいことを正しいものとしなければいけないと思っているので、正確な情報を判断するために、反対意見も多くなっちゃうんですね。

新しいことにチャレンジする

記事の内容として一番おもしろいのが、自分で新しいことにチャレンジしてみることです。

3 月にアーリーリタイアの存在を知る

2020 年 3 月にアーリーリアイアに関する本を読んで、「こんな世界があったのか」と思いました。

リタイアという言葉は知っていましたが、一部のお金持ちしかできないことだと思っていました。

計画すれば、誰でも達成可能だということを知り、やってみようと思ったんです。

今では、「リタイア」というカテゴリを作り、多くの記事を書いています。

6 月にシステムトレードにチャレンジ

先月から、システムトレードにも手を出しました。

プログラミングの勉強用でしたが、リタイアを目指していると、インデックス投資に偏りがちなので、トレードの世界も知っておきたいと思ったからです。

シストレの記事もちょっと発信してますが、まだまだこれからです。

新しいことは発見が多いし楽しい

定期的に新しいことを始めると、単純に楽しいですし、ネタもたくさん見つかります。

ネタを探すために新しいことを始めてみてもいいと思っていますし、お金を稼ぐためにチャレンジするのもいいと思います。

もちろん趣味として広げていくのもありです。

この記事のまとめ

ネタの見つけ方は 3 つ

  • 読書
  • 他の発信者に意見する
  • 新しいことにチャレンジする