プログラミングの限界

Share on:

リモートワーク中心になってZoomやSlackなどのコミュニケーションアプリが出てきたりして、IT産業の活性化が見えるように感じるのですが、ミクロで考えると、プログラミングの限界も感じるようになりました。

何が限界かというと、ほとんどのプログラマーは豊かになっていないということ。プログラミングのセンスがある人もない人も同様に豊かにはなれない仕組みがあるのです。

プログラミングセンスがある人が豊かになれない理由

プログラミングができる人は、若い時から、多くの時間をプログラミングに割いてきました。その結果、プログラミング以外は何もできない人になりました。

プログラミングさえできれば、お金の面ではある程度豊かになるのは確かです。しかし、人生経験が少なく、豊かになった人生を謳歌する方法を知らずに、豊かになってしまいます。

そして、またプログラミングをし始めるのです。スタートアップを大きくしてみたり、コンサルタントになったり、フリーランスになってみたりします。

今は、多くの人がプログラミングを始めていますし、世界共通言語ということもあり、世界中の人と争っている状況です。プログラミングスキルを高いポジションで維持していくためには、日々の勉強が欠かせません。

休日も業務時間外でも、常にプログラミングの勉強をしています。そういったセンスのあるプログラマーは口を揃えてこう言います。

「プログラミングが好きでやっている」

かく言う僕も、休日はプログラミングに勤しんでいますが、ふと自分の心に問いかけてみました。

「本当にプログラミングが好きなのか?」

お金も時間もあったとして、何をするでしょうか。僕は、そこでプログラミングと答えることはできませんでした。つまり、仕事としてやる分には、そこそこ楽しいけど、完全な趣味としてやるものではないのです。

プログラミングスキルが高くなればなるほど、日々の勉強時間も多くなりますし、仕事の難易度も高くなります。金銭面で豊かになっても、時間や労力が減るわけではありません。

プログラミングセンスがない人が豊かになれない理由

プログラミングセンスがない人は、言うまでもなく豊かになれません。センスが無い人は、プログラマーを避けて、WEB開発やWEBデザイン、WEBマーケなどに行きがちですが、それらの職種のほとんどは低収入です。

しかも、IT業界は実力主義をうたっているので、年齢を重ねても収入が高くなる兆しが見えてきません。なんのスキルもつかない大企業の社員に大きな差をつけられてしまったときには、時すでに遅しなのです。

日本では、学歴が必要ないので、誰でもプログラマーになることができます。プログラミングスクールに通えば、中小IT企業で働くくらいのスキルを身につけることはできますから、センスの無いプログラマーは、どんどん仕事がなくなっていきます。

そうならないためにも、日々頑張って勉強するのですが、常にプログラミングを勉強していることになり、センスのあるプログラマーが豊かになれないのと同じ状況に陥ってしまいます。

いち早くプログラミングから抜け出すべき

プログラミングのセンスがあってもなくても豊かになれないんだから、いち早く、プログラミングを打つことから逃げるべきです。

現実的な方法は、副業をして、大きく稼ぐことです。今の時代ならまだ、プログラマーは転職先がたくさんありますから、本業のことは無視して、ひたすら副業に励みます。本業がクビになっても、給料が下げられても、転職をすればいいだけですから、リスクはありません。

非現実的な方法をあげると、プログラミングで起業することです。自分でプロトタイプを作ってみて、人気が出れば、あとは社員を雇って、プログラミングを社員に任せます。

歴代の有名なIT社長はみんなこのパターンです。最初はプログラミングをちょっとやる必要がありますが、特別なスキルは必要ありません。魅力的なアイデアとマーケティングセンス、熱意などがあればいいんじゃないでしょうか。あとは、プログラミングを社員に渡しましょう。

個人開発者はラットレース

いつまでも労働者でありたくないプログラマーが行きがちなのが、個人開発者という道です。要するに、個人でプロダクトを作って、多くの人に使ってもらい、生活費を稼ぐ方法です。

実際には、ほとんどのプロダクトが一人にも使ってもらえないですし、10人に使ってもらえたとしても、そのプロダクトを作るために使った時間や労力を考えれば、コスパが悪すぎます。

まさに、一発当てるという大博打なのです。

個人開発をするなとは言いません。しかし、個人開発で生活するのではなく、ポートフォリオを作るために、個人開発をして、お金になればラッキーくらいに思っておきましょう。

転職に困らないだけのポートフォリオができたら、もう個人開発をする必要はありません。

個人開発者ほど労働時間が長い職業もないので、ノマド的な自由が得られると思っていても、現実はそんなに甘くありません。

南の島でパソコンを広げている写真を掲げている人がいますが、南の島に行っても、パソコンを広げないと行けない状況にいるという事実を受け入れましょう。

この記事のまとめ

  • プログラミングで食っていけるようになったら、副業にコミットする
  • 転職に困らないだけのポートフォリオができたら、個人開発はやらない
  • できるだけプログラミングの時間を減らす