リスキーな投資にもチャレンジする方法

Share on:

「マネーの公理」にもあったように、ある程度のリスクを取っていかないと、大きく稼ぐことはできない。
しかし、リスクを取って一文無しになってしまうのも怖い。
財産を失っても平気なのではないか
 
リスクを最小限に抑えつつ、大きなリスクに挑戦する方法について考えてみた。
 

貯金の半分でリスクを取る

1ヶ月に10万円の貯金をしているとしたら、5万円は預金したり、投資信託や債権を購入したりと、低リスクに保有しておく。
そしてもう5万円は思いっきりリスクを取りに行くのである。
FXをしてみたり、低位株をやってみたり、ブログの広告費や外注費に使うのも良いかもしれない。
もしなくなっても毎月5万円は貯金しているのだから、食いっぱぐれることはないだろう。
 
毎月どのくらい貯金をして、どのくらいをリスクテイクに回すのかはそれぞれだが、有り金全てを使ってリスクを取る必要はないということだ。
もちろん、5万円より10万円で勝負した方がリターンは大きくなる。
問題は100%のお金を同一リスクに晒すのではなく、何%を高リスク、何%を低リスクに晒すのかというポートフォリオを作ることである。
 
100%のお金を同一リスクに晒す危険性はいうまでもないと思うが、それは日本円や投資信託だから安心というわけではない。
持っているお金を全て日本円に投資するの安全とはいえない。
ドル預金をしたり、投信や債権にも振り分けて、低リスクのポートフォリオも作っておくべきだ。
 

ハイリスク投資は1つのカゴに盛る

逆にハイリスクの投資はポートフォリオを作る必要はないと思っている。
FXならFXのみ。
低位株なら1銘柄のみに投資しても良いと思う。
ハイリスク投資をやる理由はリスク回避ではなく、とにかく大きなリターンを得ることだからだ。
どのくらい損をするかは考えずに大きなリターンだけを求める。
 
やっていくうちに損切りをする必要はあるだろうが、銘柄選択などは下がるリスクは考慮しなくて良い。
悪い言い方だが、ハイリスク投資用のお金は突撃部隊であると考えるのだ。
 

やってはいけない信用取引

リターンを期待しすぎて、レバレッジをかけるのはおすすめできない。
レバレッジをかけていいのはむしろ低リスク投資をやる場合で、ハイリスクの銘柄にレバレッジをかけてしまうと、損失が持ち金の枠を超えてしまう場合があるからだ。
低リスクな銘柄にレバレッジをかけて投資するのと、ハイリスクな銘柄に元本で投資するのはどちらが期待リターンが大きくなるかも考えないといけない。
 

分散は銘柄だけではない

リスク分散というと、投資信託や別業界の株式を持っておくことと捉えがちだが、それでも株式という1つの投資に集中させている。
現金や債権、不動産への投資も必要だし、ハイリスク、ローリスクな投資も必要である。
あらゆる投資ポートフォリオを組み換えつつ、その時に一番リスクが低く、リターンが大きいと思われるようなポートフォリオを作っていくことがベストである。
そのポートフォリオの中には、もしかしたら爆発的に大きくなるかもしれないハイリスクな投資を含めておくと、いつか爆発(良くも悪くも)するだろう。