リスクを取らなくても生きていける時代になった

Share on:

男が弱くなったのは、リスクを取らなくなったからではないかと思う。

就職先に安定などなかった

昔はどこかに就職するときに、 「トヨタなら絶対安心だよ」 ということもなかったと思う。 なぜなら、まだトヨタは創業して100年も経っていなかったし、何十年も続く会社が安心という前例がなかったからである。 ということは、昔の男たちは、いつ仕事がなくなるかわからない中で頑張っていたということになる。 これは非常にリスクのある行動を取っていたということだ。

女性との出会いは自分から

今はマッチングアプリで写真を加工したりプロフィールをいい感じにすることで女性とマッチングすることができる。 婚活パーティみたいな出会いの場も提供されている。 リスクを取らなくても恋愛ができる時代になったのだ。 少し前だと「お見合い制度」があったが、それも最近の話だろう。 男は魅力を感じた女性に自らアタックしなければならなかったのだ。 しかも当時は皆結婚をするという風潮もあったがために、2次元の世界に逃げ込んだり、一生独身を決め込むこともできなかった。 ブサイクでもコミュ障でもとにかくアタックせざるを得なかったのだ。 この状況はかなり男を強くするはずだ。

遊びや旅も未知の世界

文明が発達するにはリスクを負うことが必要だ。 初めて車に乗る時はその安全性もわからないし、道もガタガタ。 死と隣り合わせだったに違いない。 海外旅行をするのも命がけだったはずだ。 異国の情報がないし、言葉も通貨も使えない。 このまま宿が見つからずに死んでしまうのではないかと思うだろう。 世の中が便利になる一歩手前には誰かのリスクが存在していたはずなのだ。

もっとリスクを取ろう

就職先や運命の相手など、今は自分で判断をしなくても勝手に用意してくれる時代だ。 だからこそ自らビジネスを作り出し、女性にアタックしていく。 そうでなくても日頃から刺激やリスクを積極的に取っていく。 そうすることで男はもっと強くなれるのではないかと思う。 世の男が弱いなら、強い男は一目置かれるはずだ。