不動産収入は基本再投資するから裕福にはなれない?

Share on:

不動産を始めると、家賃として収入を得ることができるようになる。
その収入を頭金にして、さらにもう一つ物件を購入していくことで、どんどん資産が増え、レバレッジが効いていくのである。
ただ、家賃収入を不動産購入費にあててばっかりいると、生活への消費にいくらも使えないことになる。
では、不動産投資家が自由を手にするにはどうすれば良いのだろうか。

年収を一定にして、それ以上を再投資に回す

年収を800万円に設定したとすると、家賃収入が2000万円の場合、1200万円を再投資に回すことになる。
年収を一定額に決めておいて、その残りの利益を再投資に回すという方法である。
基本的に不動産投資家はこの方法で自由を手にする。
だからこそ、まずはじめに毎月いくら欲しいのかを明確にしないといけないのだ。
毎月30万円欲しいのだとしたら、CFが30万円を安定して超えるようになった時点で自由を手にするし、毎月100万円欲しいなら、CFが100万円を超えるまでは自由になれない。
稼いだ分を使うのではなく、使う分を決めておく。というのが不動産投資家の収入事情だ。

不動産以外の事業収入を使う

不動産の収入は一切使わずに、不動産以外の事業収入を生活に回す、という方法もある。
この方法だと、不動産の収入は100%再投資に回すことができる。
別事業で生活できるだけの収入を稼がないといけないから、楽ではないが、安定した収入があるから、リスクを負ってチャレンジすることができる。
うまくいけば億万長者になれるかもしれないというわけだ。

会社員の給料を使う

不動産投資家になってもサラリーマンをやめない人もいる。
サラリーマンは安定した収入が入ってくるから、不動産がうまくいかなくなったり、別事業で失敗するというリスクもなくなる。
給料を貯金する必要はないし、大きな支出でもある家賃は良い物件を購入してしまうか、安い物件をリフォームすることができるから、そこまでかからない。
共働きで家賃もかからず、貯金をする必要もないとなれば、かなり裕福な生活ができるはずだ。

まとめ

不動産投資家はお金を無駄遣いしないから投資家になれているのだ。
だからこそ、不動産で大きく稼いだからといって散財するようなことはないし、着実に稼ごうとする。
しかし、投資に夢中になりすぎて、全くお金を使わない生活というのももったいない気がする。
不動産を始める時に、最終的にいくら稼ぎたいのか。稼いだら仕事はどうするのか。
のんびり暮らしたいのか事業を始めたいのかなどを決めておくと、将来の目標が明確になるだろう。