実家でのんびり生きる方法

Share on:

マナブさんの記事を読んで、実家でのんびり暮らすのもありだなと思った。
とはいえ、実家は田舎であり、私が今やっているプログラマーという職業はないに等しいので、準備が必要である。

リモートワークができるスキルを身につける

実家で仕事をするなら、リモートワークができることが必須。
今は副業でリモートワークをやっているのですが、まだまだうまくできているかわからない。
なので、副業でリモートワークができるようになったと感じるまではまだ勉強と努力の日々が必要。
副業がうまくできるようになってきたら、フリーランスとして、リモートワークを取りに行く。
そしたら、まずまずの収入と自由な働き方ができるようになるから、実家暮らしもできるようになるはずである。

彼女もリモートワークに参加させる

となると問題になるのが、同棲している彼女はどうするのかという話。
実家にきてもらおうと思ってはいるのだが、スーパーのレジ打ちはさせたくない。
そうなると、彼女にもリモートワークをしてもらう必要がある。
私がプログラミングをしているので、彼女には WEB デザインをやってもらえたらいいかなと思う。
ワンストップで仕事を受けられるようになるし、それぞれの仕事で相乗効果が生まれてくるはずだ。
今からリモートワークを獲得しようと思うと、数年はかかってしまうので、クラウドソーシングで単価が安くても仕事が受注できるようになればいいかなと思っている。

家賃ゼロで共働きが一番リッチなのかもしれない

実家に住み、私と彼女の 2 人で働けば、お金に困ることはほとんどなくなるだろう。
実家は窮屈だと思うかもしれないが、頻繁に旅行に行ったり、定期的に東京に遊びに行くことで、窮屈さは感じないだろう。
もし仕事がなくなったら、実家にひきこもるしかないが、それでも家賃がない安心感は格別だろう。
お金があったら旅をして無くなったらひきこもる。
仕事をしないという選択肢もあるというのは、精神的な負担が少なくなるはずだ。

お金より時間を取る

時間を使ってお金を稼ぐのではなく、お金を使わずに時間をとったほうが幸福度は高い気がする。
お金がないと車を買ったり、豪華な食事はできないかもしれないが、誰にも怒られることなく、納期に縛られることなく生きて行くことができるのは、何よりも幸せなことだと思う。