家賃やローンは1人で払える額にする

Share on:

結婚をすると家を買ったり、車を買ったりする。
それらは基本的にはローンを組んで買うことになるが、そのローンの審査は夫婦の収入を合算した額で行われる。
つまり、夫婦が別れない前提で話が進むのだ。
もちろん別れないとは限らないし、奥さんの出産で収入が途切れることもある。
そうなったときに夫1人の収入でローンを払いきれなくなると、自己破産の危機が迫ってくるのである。
 

賃貸の家賃も同じである

私はローンは組んではいないが、賃貸物件を同棲中の彼女と収入を合算した審査を通して借りている。
正確には、私1人なら払えるが、彼女1人では払えない家賃の物件に住んでいるのだ。
これは、彼女が危険にさらされているということになる。
もし仮に別れの時期がやってきて、私が家から出ていくことになると、彼女は家賃を払う能力がなく、家計が燃え上がる。
そんなことが起こらないようにするつもりだが、もし逆の立場で、私が1人で支払えないようなローンや家賃を払うことになったら、パートナーを完全に信頼しなければならない。
100%の信頼をしてはいけないというわけではないが、他人に委ねるのはできればやめた方が良いと思っている。
自分で支払える範囲のローンや家賃を設定することで、もし最悪のケースが起こったとしても、また起き上がることができる。
 

1人で支払っている感覚を身につける

収入が30万あり、支出が20万だとすると、10万円で思いっきり遊ぶことができるかもしれない。
しかし、もしパートナーがいなくなれば、その10万は支出に回されるかもしれない。
あらかじめ1人で支払っている感覚で生活することで、本当に1人になっても支払いには困らなくなるのだ。
パートナーに支払ってもらっている分は、ローンではなく貯金の積立だと思って、使わないでおく。
そうすればお金が貯まるし、生活にも困らない範囲がわかるようになる。
 

1人で支払うつもりだと、お金が残らない

ローンに10万、彼女も半分で10万、生活費で10万使っているとしたら、自分で30万円払っている感覚を持つ。
彼女が出している10万円は使わないでおく。
そうすると、ローンに10万円払い、生活費は10万円でやりくりしないといけない。
これではお金が残らないという人もいるだろう。
そういう人は、ローンが高すぎるのが問題だ。
そもそもローンを組む段階で、1人でも支払えるのかどうかを計算しておかないといけない。
これからローンを組む人はよく考えよう。
 
すでにローンを組んでしまった人は、収入をアップさせるしかない
なんとかして収入を上げる方法を見つけ、努力するしかない。
毎月10万円余るからと余裕でいてはいけないのだ。
 

まとめ

家を買うと賃貸に比べて毎月の支払いが安くなる。
という考え方をする人がいる。
35年ローンを組んだ場合になると思うが、35年間で何が起こるかわからないという大きなリスクを背負っていることを自覚しよう。
目先の生活だけにとらわれることなく、常に最悪のケースを考えておくべきだ。