平日の日中にブラブラする方法

Share on:

会社で有給をもらって、平日の昼間にブラブラするのは最高だ。
映画館は空いているし、カフェは意外と混んでいるけど、スーツを着たサラリーマンは少ないし開放的な気分になれる。
平日の日中にぶらぶらする方法を 3 つほど紹介するが、リモートワークをするのが一番給料も高く、自由度も高いと思っている。

1.シフト制の仕事を探す

アパレル店員や飲食店店員などは平日が休みになる。
そうなると、休日は働かないといけないが、平日の日中にブラブラすることは可能だ。
ただ、休日に出勤しなければならないことが多いと、イベントに参加することができない。
夏フェスやセミナー、その他のイベントは基本休日に行われる。
開放感を得たいだけならシフト制の仕事を選ぶのもありだが、給料は低めだし、休みも少ない傾向にあるのでおすすめはしない。

ニートになる

仕事をやめてしまってニートになる方法だ。
おじさんになっても実家で暮らす「こどおじ」なるものが流行っているので、30 歳くらいまではニートをしながらブログを書いてちょっとずつ稼いでみたり、面白いビジネスを始めてみることもできる。
ただ問題はお金がないことだ。
親が 30 歳の息子にどれほどの支援をしてくれるかわからない。
親だって老後の資金が心配なのである。
数ヶ月間ニートをするだけなら、失業保険ももらえるしお金に困ることも少ないからおすすめできる。
ちょっと仕事に疲れたら失業保険をもらいながら平日の日中にブラブラしよう。

リモートワークをする

冒頭にも書いたが、これが一番おすすめの方法だ。
リモートワークは平日、休日、朝、晩関係なく働く時間を選ぶことができる。
今週は休日にイベントがあるから平日に働こうとか、平日にブラブラしたいから休日に働こうというように、働く時間を自由に選べるのである。
必ずしも毎週のように平日の日中にブラブラしたいわけではないはずだ。
夜飲み過ぎてしまったら次の日の午前中は寝続けることもできる。
リモートワークは最強の働き方だと思っている。

最後に

最近リモートワークを始めて、時間の自由さを感じるようになった。
仕事柄オフィスに行く理由が限りなく少ないので、来るべきタイミングでリモートワークができるような仕事にチェンジしたいと思っている。
もちろんリモートワークには信用や責任の問題もつきまとうからメリットだけではない。
しかし、暑かったり台風なのに外に出たり、通勤電車に乗らないといけないという精神的負担から開放されるというのは、平日の日中にブラブラできることに匹敵するほどの開放感があるはずである。
もしリモートワークができる仕事に就いているのであれば、積極的に取り入れてみてほしい。
向いていなければオフィスに戻ればいいだけの話である。