投資とは受け取り金額の先送りである

Share on:

終身雇用の崩壊や年金制度の崩壊により、将来に向けた資産運用、いわゆる投資に対する関心が高まっている。
しかし、自分の生活を犠牲にしてまで投資をするべきではないと思っている。
なぜなら、今もらえる 100 万円と 1 年後にもらえる 100 万円の価値が違うからだ。
1 年後にもらうくらいなら、今もらった方が良いに決まっているだろう。
しかし、「1 年後に 110 万円あげる」と言われたらどうだろうか。
人によっては 1 年後を選ぶかもしれない。
この原理は今ある 100 万円を年利 10%で運用した場合に増える額である。
この仕組みが一般的な投資の考え方である。

若い頃の 100 万円は年寄りの 1000 万円よりも価値があるかもしれない

3 年間、毎月 3 万円の貯金をしてやっとのことで貯めた 100 万円でバイクを買う若者。
そして、30 年間、毎月 3 万円の貯金をして手にした 1000 万円で高級車を買うお年寄り。
彼らのお金の使い方はどちらが幸せだろうか。
おそらく前者だろうと思う。
これは先ほどの今もらう 100 万円に価値があるのと同じ考え方だ。
3 年後にもらう 100 万円と 30 年後にもらう 1000 万円はどちらが良いか、という問いである。
これは時間が経過するごとに、お金の価値が下がるということを意味している。
しかし 5 年後に 200 もらえるとしたら、3 年後の 100 万円は我慢するのではないだろうか。
ということは、時間と金額には相関関係があると考えられる。
一体、どの期間でいくらなら納得できるのだろうか。
それは人それぞれであり、それを計画しながら投資の手法を考えるべきなのである。

若くして成功した起業家は幸せなのか

そうなると若くして億万長者となった人こそが一番の幸せ者だと考えるかもしれない。
たしかに天性の才能により、若くして成功した人もいるが、多くの人は他の人よりも多くの時間とお金を犠牲にしてきたはずだ。
30 代で成功した人は 20 代全ての時間とお金をビジネスに投資してきただろう。
もっと身近な例にすると、大手の会社に行った人は高校生の青春時代のほとんどを大学受験の勉強に費やしていた。
やはり成功した人は今もらえる 100 万円を我慢して、将来へ投資しているのである。

いつまでにどのくらいのお金が欲しいのか

多くの人は若い頃は思いっきり遊びたいと思っている。
その時期を犠牲にすれば、10 年後くらいには大きなリターンが待っていたとしても、だ。
それは今もらえる 100 万円が 10 年後にもらえるリターンよりも大きいと判断しているにすぎない。
もしくは、10 年後にどのくらいのリターンがもらえるのか、検討もつかないということもある。
だから、10 年後までに年収 3000 万円欲しい。などと明確な計画を立ててしまえば、今を犠牲にすることができるのである。
今もらえる 500 万円か 10 年後にもらえる 3000 万円か。という問いになる。
そのためにもまずは 10 年後に 3000 万円もらうための道を見つけないといけない。
単純に仕事を頑張っているだけでは届かないし、手探りで進んでも届かない。
明確な道筋を見つけた時、今もらえる 100 万円を犠牲にする決心がつくのだと思う。