持たざる者である初心者はセミナーに行くべきなのかどうか

Share on:

副業とか新しい知識を身に付けたいと思った時に、セミナーに行くという選択肢があるはずだ。
しかし、ネットや本でも情報が入手できるのに、なぜわざわざセミナーに行く必要があるのか。
この疑問について考えてみる。

セミナーに行く目的

セミナーに行く目的はいわずもがな、その分野の知識を身につけるためだ。
セミナーの講師は大抵の場合、その道のプロであり、成功者の考えを学ぶことで自分も成功することができるということになる。
しかし、知識を身に付けたいのであれば、WEBや本でも十分ではないだろうか。
おそらくセミナーの講師がその道のプロであるなら、本を出しているかブログを書いているだろう。
もし本もブログもやっていないのだとしたら、その講師はただの業者である可能性が高い。
ここではセミナーの選び方については触れないが、業者が開催するセミナーに行ってもカモられることがあるので気をつけよう。

セミナーには知識を身につける以外の目的がある

それは、講師と出席者との交流である。
ゼロからのスタートとなると、その道に関しては仲間がいない状態から始まる。
仲間を作るためには仲間が集まりそうな場所に行く必要があるのだ。
そういう意味ではセミナーというのは仲間作りに最適な場所だとも言える。

初心者と仲間になりたいと思う人がいるかどうか

あなたが初心者の場合、多くの人と交流を重ね、
「何かあったら連絡してくださいね。」
と名刺交換をする。
その後、再び交流が生まれるだろうか。
私の経験上、生まれることはない。
なぜ生まれないのかというと、「何かあったら」が「何もない」からである。
こちらから何かを提供することもできないし、頼むようなことはまだ何もしていない。
そこにビジネス上の交流が生まれるはずがないのだ。

初心者はセミナーに行かずに本で学ぼう

初心者のうちからセミナーに行く必要はないと思う。
まずは一歩を踏み出さないと相手にされないというか、誰も相手にすることができないからだ。
できるのは初心者同士の戯れだけである。
初心者は本を読んで最低限の知識を身に付けたらまず一歩を踏み出してみよう。
セミナーに行くのは最低限の実績を積んでからである。

ある程度実績を残さないとセミナー代もきつい

ある程度実績を残すまでは、SNS上での繋がりはあるかもしれないが、セミナーでのつながりはほとんどなく、孤独である。
そこを乗り越えてこそ、成功者と呼べるのではないだろうか。
実績が生まれると、収入も増えてくるはずだから、そのお金でセミナーに行けばいい。
自営業の人なら経費で落とすこともできる。
サラリーマンが副業で何かを始めようとしていきなりセミナーに行っても、経費にはならないし、収入がないからセミナー代がきつい。
おまけに実績がないから大した交流も生まれないという3重苦を背負うことになる。
まずは1人で実績を作ろう。

これは私の体験談なのである

先月不動産のセミナーに行ってきたのだが、私は名刺も持ってないし、与えてあげる情報は何もない。
ただ、他の実績を残している人から自慢話やたまには大事な話を聞いただけである。
そして今月も懲りずにセミナーに行こうとしていた。
が、このように冷静に考えてみた結果、キャンセルすることにしたのである。
その行こうとしていたセミナーが高くて、もしこれをキャンセルしたら本が10冊も買えるやん、と。
ブックオフで買って売ってを繰り返せば20冊でも買えるじゃん、と。
そう思ったらまずは貯金しながら本で学ぶことの方が大事だと思ったのである。
セミナーに行くのは、
「行くだけで満足してしまう人」か
「ある程度実績を残している人」
のどちらかなのである。