書評「幸福の資本論」幸福になるための3つの資本について

Share on:

大好きな橘玲氏の本「幸福の資本論」の書評である。
この本の内容としては、幸福になるためには 3 つの資本があり、どの資本を蓄積していくかが幸福に影響を及ぼしてくる。
その資本は、

  • 金融資本(資産)

  • 人的資本

  • 社会資本

<

p>の 3 つである。
多くの人は金融資本だけを高めようとするが、人的資本や社会資本の蓄積も幸福になるためには必要な要素である。

金融資本を蓄積する

金融資本の蓄積の仕方については、橘氏の著書「黄金の羽根の拾い方」などで詳しく説明されているから、省略する。
金融資本を蓄積しても(お金持ちになっても)周りの友達はお金目当てでやってくる。
そうなると、お金持ちは孤独になり、社会資本(良好な人間関係)を得ることができなくなる。
実際に一般の人は、今まで仲良くしてた友達が急にお金目当てになってくる経験をしたことがないから、そんなはずはないと思っている。(私もそう思っている。)
しかし、実際にお金持ちになると、社会資本を失ってしまうらしいから、お金持ち=幸福とはいえないのかもしれない。

人的資本を蓄積する

人的資本とは、社会からあなたに対する評価のことである。
仕事におけるスキルを高めることで、人的資本が高まり、自己実現ができるようになる。
自己実現についてはマズローの 5 つの欲求で調べてみてほしい。
お金持ちになったり、定年後に悠々自適な生活をすると、ほとんど社会と関わりがなくなるわけだから、人的資本は急激に下がることになる。
やはりお金持ちになるだけでは幸福を手に入れることはできないのだ。

社会資本を蓄積する

人生の悩みの多くは人間関係だ。と言われるくらい社会資本の蓄積・維持が重要である。
著書の中でもおおよそ半分以上ががこの社会資本についてである。
社会資本の中にも「政治空間」と「貨幣空間」がある。
政治空間とは家族や恋人などの密度の濃い関係のことである。
貨幣空間とはお金を介した薄い関係のことである。
政治空間を広げすぎると、人間関係に疲れてしまう。
そのため、現代ではフリーランスとして会社というイエに属さない働き方によって、政治空間を極限まで狭くすることができるようになった。

3 資本を効率よく蓄積する方法

金融資本・人的資本・社会資本を効率良く蓄積していくためにはそれぞれの資本に悪影響を及ぼさないようにしないといけない。
金融資本に関しては、個人でマイクロ法人を作り、経済的独立を目指していく。
人的資本に関しては、好きなことに一点集中する。
社会資本に関しては、家族と恋人だけの最低限の政治空間を持ち、それ以外の関係はすべて貨幣空間にする。
お金と人間関係に困ることなく、自分の好きなことを続けていくことで、幸福になるための資本を手にすることができるのだ。
もちろん人と関わるのが好きという人はどこかのコミュニティに属して、膨大なコミュニティの中に身を置くというのもありだ。
特に日本人は間人という、関係性を重視する傾向にあると、著書でも述べている。
個人プレーが得意なのか苦手なのか、好きなことは何なのかということをそれぞれが見つめ直すことで、あなたにとっての幸福の資本を得られるだろう。