Udemyというサービスでプログラミング学習をしています。Udemyは動画で勉強できるサービスなのですが、プログラミング学習をするなら、動画じゃなくてテキストの方が良いなと思いました。

それも、本じゃなくて、WEBのテキストがベストです。

動画だと勉強しづらい

Udemyはコンテンツがとても充実しているので、役に立つのですが、できればテキスト教材がいいなと思っています。多分僕がUdemyの動画教材を文字起こししたら売れるんじゃないかと思っている。

動画が勉強しづらい理由は、3つほどあります。

  • いちいち再生を止めないといけない
  • コードのコピーができない
  • イヤホンが必要

講師が教えるスピードを調整することはできるのですが、スピードについていけないときは、動画を一時停止しないといけません。大抵の場合、スピードに遅れるので、何回も一時停止します。ブラウザとエディタと行ったり来たりするので、面倒なんです。

そして、コードのコピーができないのも不便なところです。講師が書いたコードが長くても、自分で書かないといけません。省きたいところとか、知ってるようなところは無駄な時間を使いたくないので、コピペしたほうが効率が良いはずなんですが、動画だとそうはいかないので、大変です。

さらに、イヤホンが必須です。自宅で勉強するだけならいいんですが、カフェで勉強するとなると、イヤホンが必要ですし、スマホでちょっと復習したいなーというときにも、わざわざイヤホンを出して再生しないといけません。テキストの方が、読みたいところにすぐ飛べるので、便利だなと思います。

テキストは本ではなくWEBがベスト

書籍で学ぶこともできますが、できればWEB上のテキストにした方がいいです。なぜなら、コードがコピーできるからです。めちゃめちゃ長いコマンドとかコードを自分で書いてタイポしてしまうのは、時間の無駄ですから、WEB上のテキストでコピペしてしまったほうが楽です。

書籍は、内容が体系的にまとまっていて質が良いのですが、もし書籍を読むなら、電子書籍かPDFがおすすめです。電子書籍も、koboだとコピーができないので、kindleの方がいいですね。

WEBは質が良くない場合がある

WEB上にある情報というのは基本無料で提供されているので、書籍や動画教材に比べると、質が落ちます。noteとか有料のWEBテキストの教材が充実すれば良いのですが、まだそこまで発展していない感じがするので、質を求める場合は、書籍か動画教材(Udemy)を選択することになるでしょう。

今僕は、WEBテキスト情報の質が良くないということで、noteでプログラミング学習の教材を販売することを考えています。

質が高くならないと意味がないので、まずは無料で様子見かなという感じですが、いずれは有料販売をして、WEBテキストで効率の良い学習を届けたいと思います。