最低限の貯金額を貯める

Share on:

貯金しろとか、有り金は全部使えとか、いろんな意見があると思う。
もし生活費以外全部貯金していたら、「もうちょっと遊べよ」と言われるかもしれないし、全然貯金していなかったら、「もうちょっと貯金しておけ」と言われると思う。
では一般的な20代〜30代サラリーマンはどの程度貯金をしておけばいいのだろうか。

結論は100万円

100万あればいいんじゃないかという結論。

70万とか90万だと100万までいきたくなる

気持ちの問題だ。
70万を目標に貯めた!といっても、ここまできたら100万いきたくならない?
私はなるな〜。
と思ったので、キリのいい100万円という結論になった。

突発的な支出に耐えられるのが100万円

仕事をクビになって、社宅も追い出された、という最悪のケースを考えてみる。
自分のミスでクビになった場合、失業保険がもらえるのは3ヶ月先だから、3ヶ月分の生活費が必要だ。
月に15万だとすると、45万円の生活費を確保しておかないといけない。
そして引越し先。
都内だと家賃が約10万円だとする。
結構高いけど、家庭があるから郊外でも広めの部屋を用意したいとなればこのくらいは必要だ。
引越しの初期費用が5ヶ月分と言われているから、50万円。
合わせると95万円。
もちろんこれは最悪のケースだから実際にはここまでかからないかもしれないが、先ほどの気持ち的なことと合わせて100万円あればとりあえず生活は守れると思う。

100万貯まったらどうするか

今まで月に10万円貯めてきたのに、その10万円を自由に使えるとなったら何に使えばいいのか。
まさに私が今この状態なので、非常に悩んでいる。
無駄遣いをする必要はないし、だからといってブログを書くのもお金はかからないし。
最適解を見つけていきたいと思う。
とりあえず、口うるさく言われたくないなら100万円貯めておこう。