有り金を効率よく全部使う方法

Share on:

100 万円貯金して、生活防衛金を確保したらあとは全て使ってみようと思った。

今月で 100 万円は確保できるので、あとは何に使うかを考えるだけである。

物には使わない

多くの人がお金を使いすぎて苦しむのは、物に使っているからだと思う。
[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575” bordercolor=”#f3f3f3” bgcolor=”#f3f3f3” borderwidth="0” borderradius="5” titleweight=”"]

[/st-mybox]
などが多くを占めていては大きなリターンを得ることはできない。
あくまで生活は節約しながら、投資になると思われるコトに対してだけ惜しまず使うべきだ。

投資になりそうなコトとは

私の場合、以下のようなものが当てはまる。
[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575” bordercolor=”#f3f3f3” bgcolor=”#f3f3f3” borderwidth="0” borderradius="5” titleweight=”"]

  • 旅行
  • 音楽ライブ
  • エンジニアコミュニティ
  • 不動産セミナー
  • デート
  • 最新アプリへの課金
  • 書籍やオーディオブック
  • トレーニングと食事
  • ブログ
  • 英語学習
  • プログラミング

<

p>[/st-mybox]
これらは基本的に物ではなくコトである。
書籍は物であるが、所有することを目的としていないので、そこから学べるコトとなる。
それでは、毎月 15 万円自由に使えるとして、どのように分配するべきかを決めていこう。

15 万円の使い道

奇数月

  • トレーニング:10000円
  • 英語学習:7000円
  • デート:50000円(3回分)
  • アプリへの課金:10000円
  • オンラインサロン:5000円
  • 書籍等:15000円(10冊程度)
  • ブログ:25000円

合計:122000 円

偶数月

  • 音楽ライブ:20000円(2回)
  • デート:50000円(3回分)
  • アプリへの課金:10000円
  • 書籍等:15000円(10冊程度)
  • ブログ:25000円

合計:120000 円
2 ヶ月で 30 万円使うとなると、このような内訳になる。
15 万円にはならないが、大抵の場合多く使うことになる。
高級ディナーやブランド品を購入しないだけで、かなり忙しく使っていかないと使いきれないということがわかるだろう。
ライブに 2 回行きつつ、デートも 3 回こなす。
トレーニングや英語学習、ブログなどは毎日の積み重ねである。
貯金をしている今は、書籍代と、たまにライブ、デートに行くことができるだけで、毎月のように行くことはできない。
貯金をしないという選択をするだけで、人生の幅が大きく広がることがわかるだろう。

体験をお金に変える

結局のところ、これらの体験に使ったお金は回収しないといけない。
そうでなければ投資ではないからだ。
1 つ 1 つのお金の使い道の中に、リターンになりうる行動目標がないといけない。
ただ楽しかった〜といってリフレッシュするだけでは意味がない。
使い道の内訳は全部の体験に投資することを前提としていたが、リターンが大きいものがわかってきたら、そこに大きくベットすることも必要だ。
今はどの体験がリターンを生むのかがわかっていないから、全部に対してお金を使う時かなと思っている。