海外移住を実現させるために必要なこと

Share on:

強い願望があるわけではないのだが、海外移住できるという選択肢を持っておきたいなと思っている。
なので、海外移住をするために必要なことをまとめてみた。

仕事

海外に移住するためにはもちろん仕事が必要だ。
日本の仕事をもらう場合は、当然リモートワークが必要だし、海外の仕事をもらうためには事前の就活や場合によっては現地の大学を卒業しないといけないかもしれない。
継続的に仕事を得るためには、スキルや業界内でのポジションを確保しておかないといけない。

お金

仕事に通じるところでもあるが、お金は必要である。
日本にいる間にある程度のお金は貯金しておかないといけない。
仕事が継続的にもらえるかどうかはわからないし、どれだけのお金がかかるのかがわからないからだ。

ビザ

一番の難関かもしれない。
数ヶ月行くだけなら観光ビザで行けばいいのだが、現地で仕事をもらったり、何年も移住するつもりならビザが必要である。
ビザを出してくれる会社に勤めるか、ドイツやオランダのようにフリーランスにもビザを出してくれるところに行く方法がある。
若いのであれば、ワーキングホリデーで 1 年以上滞在することも可能。

日本に戻らなきゃいけないこと

親族の冠婚葬祭や日本のクライアントとの打ち合わせ、営業活動など、日本に帰らなければならないイベントが発生するだろう。
これらが多すぎるとお金がかかるし、移住するメリットが薄くなってくる。
なるべく日本に帰らなくてもいいような状態を作っておくことが必要だ。

英語力

どの国に行くにしても、英語力は必須だ。
事前に留学したり、オンライン英会話で継続的に学んだり、資格試験の勉強をしないといけない。
移住資金を貯めつつ、仕事のスキルを磨きつつやらないといけないので、かなり負担は大きくなる。
覚悟が必要になる。

まとめ

会社からもらう仕事は継続性がないため、自分で何かしらの商品を持ち、収入を生み出すようにしておいた方がいいと思う。
例えば、ブログや不動産などの資産を持っていれば、仕事がなくなっても最低限の収入を得ることはできる。
なので、
仕事のスキルを磨きつつ
仕事の営業をしつつ
資産型の収入も作りつつ
英語の勉強もしつつ
家庭の状況も考えつつ
海外移住に向けて準備しないといけない。
とても大変であるが、ダメなら日本に戻って来ればいいし、準備を怠らず、順番を間違えなければうまくいくと思う。
やってみる価値はあるのではないかと思う。