【途中からネタバレ】映画「イエスタデイ」はビートルズファンにはたまらない!

Share on:

今日 2019 年 10 月 13 日、「イエスタデイ」を観てきました。
感想を一言で言うと、「ビートルズの曲めっちゃいい!」ですね。
あらすじは、
「ビートルズがいない世界で、ビートルズの記憶がある主人公ジャックがビートルズの曲を歌ってスターになっていく」
という物語です。
声はジャックのものですが、ビートルズの有名曲が頻発するので、ビートルズファンにはたまらないでしょう。
以下、ネタバレになります。

エドシーランがけっこう出てる

予告を観て、エドシーランが出ていることは知っていたのですが、けっこう出てる時間が長いんですよね。
ゲスト出演ならワンシーンだけだと思うじゃないですか。
エドは 20〜30 分くらいは出てましたし、セリフもけっこうありました。
本物のスターをこんなに使ってしまうのか!と驚きました。

ビートルズは曲のみ!

ビートルズの曲はたくさん出てくるのですが、エピソードとか、本人像はほとんど出てきません。
僕はそこまで熱狂的なファンではないので、エピソードはなくても問題なかったのですが、曲だけかよ〜って思ってしまった人もいるかもしれませんね。

純愛映画だった

主人公ジャックとヒロインエリーの純愛をベースに物語が進んでいきます。
ところどころで流れるビートルズの曲が物語にマッチして、感動します!

まとめ

めっちゃ短い感想ですが、見所としてはこんな感じです。
ビートルズを知らなくても楽しめます。
というか、誰でも聞いたことのある曲ばかりが流れるので知らない人はあまりいないかもしれません。