「AKKKNM理論」はマジで通用すると思う

Share on:

「AKKKNM理論」はマジで通用します。 女の子と LINE をしていると、ある駆け引きが行われます。 それは、**返信までの時間駆け引き「通称:HMJ 駆け引き」**です。 この HMJ 駆け引きを攻略することができれば、LINE での恋愛戦略において勝利を収めることができるだろう。 今日は、HMJ 駆け引きの攻略法について考察してみる。

本当に忙しくする

婚活スパルタ塾で提案されたいた、「AKKKNM理論」である。 本当に忙しくなってしまえばおのずと LINE の返信時間は遅れる。 自然な返信時間を演出することができるというわけだ。 忙しくするために毎日予定を入れたり、複数の女性とやりとりをすることで実現可能である。 しかし。。 複数の女性とやりとりするには、まずそこそこモテないといけないじゃないか。 金持ちがどんどん金持ちになっていくというピケティと理論は同じである。 ここで敗者による LINE 版マンチェスター戦略が必要となるのである。 今回は江戸時代の将軍を借りながら進めていく。 なお、日本史は得意ではないので、間違っていた場合はご容赦願いたい。

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

織田信長の戦略である。 どのような戦略かというと、 (LINE が)鳴かぬなら、殺してしまえ(もう連絡を取るのをやめてしまえ)ホトトギス(その女の子と) である。 お分かりだろうか。 つまり、LINE の返信が遅いならその子は諦めて次に行こうということである。 いろんな女の子にアプローチをして、すぐに返信が来る子だけをピックアップする作戦である。 ただ、この作戦にはデメリットもある。 それは殺すのがあまりにももったいないくらい可愛いホトトギスである場合だ。 LINE の返信が遅くてもいいからこの子は殺したくない、といういわゆる非モテコミットに陥ってしまう可能性が高い。 織田信長のように誰もが強い精神力を持っているわけではない。 織田戦略は強い精神力を持つもののみが使えるのである。

鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス

かつて豊臣秀吉はこう言った。 「鳴かぬなら、鳴かせてみよう、ホトトギス」 そう! LINE の通知がならないなら鳴らせてみればいいのだ。 LINE の通知を鳴らせるということは、相手にメッセージを遅らせる作戦である。 「え、相手にメッセージを遅らせるとか催眠術でもかけないとむりじゃね?」 それは非常に甘い。 視野が狭すぎる。 では逆にメッセージが来て、未読スルーをする立場になって考えてみよう。 (みんなも答えを一緒に考えてみよう) 1.まず相手からメッセージが来ます 2.LINE のメッセージ一覧、もしくはロック画面で内容を確認します 3.「まだ返さなくてもいいや」と思ってスルーします この流れですよね? 1〜3 の中で、こちらがコントロールすることができるものがあります。 それは 2 番です。 こちらのメッセージ内容を変えることで、相手にメッセージを確認できないようにするのです。 その方法は 3 通り。

  • メッセージの後にスタンプを送る
  • 2 文に分けて送る(重要なメッセージは最初に)
  • 長文を送る

この 3 通りを使い分けることで、相手はロック画面からではメッセージが確認できなくなるのである。 そうすると、LINE を開き、既読をすることになる。 既読をすれば何かしら返信しないといけないと思い、早めの返信を引き出すことができるのである。 これこそが秀吉戦略である。 あ、ちなみに長文を送るのは恋愛戦略上よくないので、それ以外の 2 つを使い分けるといいだろう。

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス

最後に家康戦略である。 これは、ホトトギス(女の子)から返信が来るのを待つのではなく、こちらが送りたい気持ちを我慢して待つための戦略である。 その方法は、「相手より 1 分遅く返すこと」である。 「いやいや、それができないから困ってるんじゃないか」 という意見も承知の上だ。もう少し説明しよう。 この戦略は、相手が 24 時間を空けてきたらこっちは 24 時間と 1 分以上空けるのである。 相手が 1 分で返してきたら、こっちは 2 分後以降に返すのである。 そうすることで、だいたい相手と同じ返信時間を保ちつつも相手より優位に立つことが可能なのである。 しかもこの戦略のいいところは感情を一切使わずに数字で測れるところにある。 いい感じの雰囲気なら早く返すとか、相手が冷たいなら遅めに返す、みたいな感情論では男は必ず負ける。 逆に数字の戦いなら男は勝てるはずだ。 実際にやってみるとわかるのだが、時間の計算がけっこう難しい。 例えば以下のやりとりがあったとする。


自分「17:05  おつかれ!」 「おつかれ〜  18:48」相手


このとき、次は何時以降に送るべきだろうか。 男は数学が得意な傾向にあるため、がんばって計算できるはずだが、女はこんなめんどうなことはまずやらない。 男が女に勝てる領域(論理的思考力)で勝負するのだ。 感情の読み合いや恋愛の駆け引きで勝とうとするな。 数字で考えろ、ということである。

最後に:通知を消す作戦はおすすめしない

HMJ 駆け引きによく使われる戦略が、「LINE の通知をオフにして気づかないようにする」だ。 しかしこれはおすすめしない。 通知をオフにしたところで、なんどもアプリを開いて確認することになり、通知がオンだったときより依存してしまうことはないだろうか。 10 分たっても来ない、1 時間でも来ない。 短時間に何回もアプリを開いてしまう通知オフ作戦は失敗に終わるだろう。 よって通知をオフにする作戦は効果的ではない。 以上が、江戸時代から引き継がれる男の恋愛戦略だ。 やはり歴史に学ぶことは非常に大事だということがわかっただろう。