アフィリエイトの代わりになる副業

Share on:

サラリーマンの副業といえばアフィリエイトが主流ですが、最近はアフィリエイトで稼げなくなってきていると言われています。

うまくやれば稼げるんでしょうが、うまくやるコストと収入のバランスが悪くなってきており、コストパフォーマンスが良くないのです。

アフィリエイトをやる人が多くなれば、それだけアクセス数が分散されるので、収入も分散されることは間違いないです。

アフィリエイトは稼ぎ方を覚えて実行することができればサラリーマンに適した副業、もしくは本業にもなり得るのですが、時間と体力を投入してアフィリエイトで稼ぐよりも、他の効率的な稼ぎ方を模索した方がいいと思っています。

そこで、アフィリエイトの代わりになる副業について 3 つ考えてみました。

アフィリエイトの代わりになる副業 3 選

サラリーマンができる副業は以下の通りです。

  • ブログ
  • SNS
  • Youtube

副業をしている人にとっては全く目新しいものではないかもしれませんが、上記 3 つの副業をおすすめする理由を説明します。

ブログはアフィリエイトとは違う

ブログ=アフィリエイトだと思うかもしれませんが、厳密には違います。

一番大きな違いは、ブログは書いている人のキャラや顔が見えるのに対し、アフィリエイトはキャラも顔もわかりません。

あえてキャラクターを用いて会話形式に進めるアフィリエイトサイトもありますが、ライター自身のキャラを出すことは少ないです。

ブログのメリットは、独自のコンテンツが作れることです。
アフィリエイトは参入する人が多くなってきて、例えばクレジットカードのおすすめを紹介するサイトを作ろうと思ってもライバルが多すぎます。

ブログは自分のキャラを出すことができるので、海外旅行に行く人がついでに保険のあるクレジットカードをおすすめするとか、楽天経済圏で生活している人が楽天カードをおすすめするなど、作者自身の体験に基づいて商品を紹介することができます。

後述する SNS との親和性も高く、フォロワー数を増やすことができれば安定したアクセスを稼ぐことができます。
検索順位は変動が激しいので、SEO だけに頼ったアフィリエイトよりもブログの方が安定します。

デメリットは売却できないことです。

自分のキャラを売りにしているので、売却という選択肢がありません。

アフィリエイトはライターが匿名なので、売却することができます。

時代によって読まれるブログテーマが変わってくるので、「これはもう時代遅れだな」と思ったら売却することができるのが、アフィリエイトの魅力の 1 つです。

SNS で仕事をもらう

SNS で自分の得意分野を発信することで、直接仕事をもらうことができるかもしれません。

コンテンツが面白ければメディア掲載の依頼がくるかもしれませんし、スキルをアピールすれば業務委託がくるかもしれません。

SNS からの仕事依頼が止まらないような状態になれば、副業として稼ぐのは簡単になるでしょう。

そうしてフォロワー数が増えれば、ブログや後述する Youtube への誘導もできますし、LINE@やメルマガ、セミナーや書籍などビジネスの道は多様化します。

得意分野とか興味があることについて SNS で発信してみましょう。

Youtube で時代の波に乗る

アフィリエイトが落ち目だと言われている理由の 1 つに、「テキストより動画を見る時代になっているから」が上げられます。

Wifi 環境が整ってきて、誰もが Youtube を見るようになりました。

おもしろ動画だけでなく、ビジネス系の動画や、AbemaTV のようにテレビに置き換わるようなものまで様々です。

Youtube はブログに比べると誰もやっていない分野が多いですし、広告はたくさんありますから、再生回数を稼げるようになれば、広告費で稼げるようになります。

Youtube もブログと SNS と合わせて運用していくことで、相乗効果を得られることでしょう。

時代の変化に備えるべき

上記に上げた 3 つはどれもインターネットを使った副業です。

アフィリエイトが落ちてきたように、上記 3 つのビジネスも次第に稼げなくなってくるかもしれません。

そうなった時に備えておく必要があります。

ただ貯金するのではなく、不動産投資で資産運用していくことをおすすめします。

ひと昔前の副業といえば、不動産か株でした。
ではなぜ。株ではなく不動産なのでしょうか。

自分でコントロールできるから

不動産は株に比べて、自分でコントロールすることができます。

というのも、株は企業が頑張って利益を上げてくれることを期待するので、ほとんどコントロールすることができない、というかコントロールするとインサイダー取引となってしまいます。

不動産の場合は、どの物件を買うか、どれくらいで手放すか、家賃はいくらにするかを自分で設定することができます。
つまり、不動産は投資というより、ビジネスに近いものがあります。

税金の知識が身につく

株の場合、配当金にかかる税金は一律です。

不動産の場合、家賃にかかる税金は自分でコントロールすることができます。
詳しいことは書きませんが、税金を先延ばしにしたり、合法的に減らすことができるのです。

こうした税金の知識を身につけるには、インターネットビジネスや株よりも不動産をやるのが一番です。

時代の流れが遅い

不動産は良くも悪くも時代の流れが遅い業界です。

インターネットで稼いでも、時代に置いていかれるとすぐに稼げなくなってしまいますが、不動産ならある程度は安定した稼ぎを得ることができるでしょう。

もちろん知識は必要ですが、高齢者が多い業界でもあり、インターネットで時代を先読みしてきた若者であれば、稼ぐことはできるはずです。

まとめ

ブログ ×SNS×Youtube で稼ぎ、そのお金を不動産に回すことが、副業を一番安定させる方法だと思っています。

これらは副業でもできるので、他にも本業の収入がありますから、生活基盤はさらに安定するでしょう。

SNS で仕事をもらいながら、副業でも稼ぐことができますし、副業を本業にすることもできます。

本業だけだと収入源が 1 つしかなく不安定なので、できるだけ多くの収入源を作りましょう。

おすすめベンチャー転職に使うべき転職サイトを紹介!【おすすめ 3 選】