投機のリスクを背負わないと豊かになれないという現実

Share on:

昨日、久しぶりにマネーの公理という本を読み返したので、書評の意味も込めつつ、記事を書いていきたいと思います。

この本、お金の本なのですが、他の本とひと味違うのが「ギャンブルを推奨している」という点です。勘違いしないでほしいのが、パチンコやカジノを推奨しているわけではありません。勝つか負けるかわからない賭けの勝負を推奨しているのです。

なぜ、ギャンブル(というと誤解がありそうなので、投機と言いますね)を推奨しているのでしょうか。

100%の安全圏にいてはお金持ちにはなれない

お金持ちになるためにはどのようなことが必要だと思いますか?おそらくサラリーマンをしているだけではお金持ちにはなれず、事業化や投資家にならなければいけませんよね。実際に社会に出て働いたことがある人ならイメージが湧くと思います。

サラリーマンがお金持ちになれない理由はいくつかあると思いますが、安全圏にいるからというのが 1 つの理由です。クビにならないし、事業が傾いても損害を負わない。辞めても次がある。という安全なところでお金がもらえるわけです。

一方、事業家と投資家はどうでしょうか。景気が傾いたらお金はもらえず、赤字になって借金をかかえるかもしれません。常にこのようなリスクと戦っているわけですね。だからこそ、大きなリターンがあるわけです。

リターンを得るには、リターンに見合ったリスクを取らないといけないというのは投資の世界の基本なので、どうしても投機的なチャレンジをしないといけないんですね。

分散投資に騙されてはいけない

卵を 1 つのかごに盛るなという投資の世界で有名な言葉があります。これは、1 つのことに集中投資してしまうと、落としたときに全部割れてしまうからです。複数のかごに卵を盛ることで安全を保つわけですね。

著書では、この意見も否定しています。いけると思ったら集中的に投資しろと言っています。分散投資というのはリスクが少ないので、投資の理論に基づけば、リターンも少ないんです。そうやって成り立っているんです。

さらに、かごを複数持つのはコストがかかって大変です。株で言う銘柄がたくさんあると、毎日の株価チェックが大変ですよね。そのチェックすること自体がコストになってしまっているので、これだ!という投資先を見つけたら集中して投資すべきなんですね。

いったいどんなことに投資すればいいのか

では、最近株価急上昇中のテスラにでも集中投資しておけばいいのかというと、そうではありません。投資というのは株だけではなく、ビジネスとか自分自身にも当てはまります。

自分に 100 万円投資して、留学すれば、1000 万円稼ぐような人間になって帰ってくるかもしれません。そしたら利回りは 1000%です。ちなみに株の世界では利回りは 3%〜7%くらいですので、ありえない数字であることがわかりますね。

自分株式会社に自分という投資家が投資してあげること、つまり自己投資をしてあげることが一番利回りが高くなるんですね。

さらに、300 万円を自分に使って、会社を作ったとします。その会社が 1 億円の利益を達成したら、利回りは 3000%です。厳密には、どのくらいの期間で投資して回収したかによるのですが、自分やビジネスへの投資が明らかにリターンが大きいことはわかってもらえるのではないでしょうか。

忘れてはならないのが、リターンが大きいところにリスクあり。ということです。3000%ものリターンが見込めるビジネスへの投資は、リスクも非常に大きいということです。

事業が失敗すれば一文なしかもしれませんし、自分の時間を失います。朝から晩まで働いてようやく手にするリターンですから、お金だけでなく貴重な時間も投資していることになりますね。時間はお金に換算できないものの、かければかけるほどリターンは大きくなり、リスクは小さくなります。

自己投資も同じで、留学をするにはお金だけではなく時間がかかりますし、英語を習得しても全く仕事にいかせないかもしれません。そしたらかけた 100 万円以上のリターンが返ってこないので投資失敗です。

それでも自分かビジネスへの投資が良い理由

リスクが高くても自己投資かビジネスへの投資が良いと考えています。理由は、自分の時間や知識を使って、リスクをカバーすることができるからです。

株は他の会社に投資するわけですから、自分でコントロールできません。いろんな理論はありますが、基本的には祈ることしかできませんからね。

自分で利益を上げる自己投資やビジネスなら、ある程度コントロールできます。もし危ない状況になれば寝る間も惜しんで働けば解決するかもしれませんし、どんな戦略を取るかは自分次第です。

特に若いうちは、時間と体力をフルに使えるので、リターンが大きなところに賭けていくことが重要になります。

投資先の見つけ方

自分にお金を払って何をすればいいのか、ビジネスのアイデアなんか思いつかないという人もいると思います。ぼくだってそんなに思いつきません。

投資先を見つける方法は、小さく賭けてみることです。ブログがやりたいなら、無料で初めてみる。いきなり何百万円もかけずに、まずは小さく始めてみて向いてるなと思ったら掛け金を増やしていくんです。

実際に成功している人は、数多くのビジネスをやってみて、失敗しています。ビジネスのリターンは大きすぎるので、いくつ失敗しても 1 つ当たればプラスになるんですね。

ぼくもまだ投資先を見つけている途中なので、小さくいろんなことに賭けてみようと思っています。