未経験でプログラマーになるのはきつい?【職場選びが重要】

Share on:

僕はプログラミング未経験から独学して、ベンチャー企業に転職しました。

未経験からプログラミングを学び、晴れてプログラマーになれたとして、仕事をうまくやっていけるのか。
不安な人もいると思うので、今回は未経験でプログラマーになるのはきついのか、について書いていきます。

結論からいうと、きついかどうかは職場選びで決まります。

IT =ブラックなイメージが若干残っていたりしますが、ちゃんとした職場を選べば、とてもホワイトでストレスなく働くことができます。

それでは、正しい職場選びについて解説していきます。

そもそも何がきついのか

まず、「きつい」とは何がきついのかを考えましょう。

きつさは主に 3 種類に分けることができます。

  • 技術的なきつさ

  • 精神的なきつさ

  • 体力的なきつさ

上記 3 つの「きつさ」は全て職場環境に左右されます。

職場選びが重要な理由

きつさ別に 3 つの理由を解説します。

業務内容によってきつさが変わってくるから

業務内容が難しいと、自分のスキルでは何もすることができず、「技術的にきつい」と感じてしまいます。

わからないことが多すぎると、上司に怒られたり、残業が多くなったりしてしまいます。

スキルが追いついていないな、と思う人はスキルを磨きつつも、業務内容が自分に合っているかどうかも考えてみましょう。

一緒に働く人によってストレスが違うから

一緒に働く人との相性が合わないと、「精神的にきつい」と感じます。

とてもいい会社でも合わない人はいるものです。

合わない人と一緒になってしまったら、部署移動を希望するか、転職を検討しましょう。

おすすめベンチャー転職に使うべきおすすめの転職サイト

オフィスの場所によって通勤時間が違うから

通勤時間が長いと、「精神的・体力的なきつさ」を感じます。

通勤時間はできるだけ短い方がいいのですが、良い会社は東京の中心部に位置していることが多く、なかなか近くに住めないかもしれません。

通勤時間を短くするなら、リモートワークで働くのもありです。

通勤するにしても、通勤時間は 30 分以内で抑えるようにしましょう。

正しい職場の基準

職場選びの重要性を理解したところで、どのような職場がいいのかという基準を考えてみました。
参考になればと思います。

業務内容をイメージすることができる

自分のスキルの範囲内の業務かどうかを判断するなら、どんな業務をしているかをイメージできる職場を選ぶと良いでしょう。

例えば、EC サイトを作っている会社なら、 「カート機能が作れて、カード決済機能あたりがメインになってくるから、それならできるかな。」 という感じですね。

自分のポートフォリオ作りでやってきたことが活かせるかどうかに注目してみましょう。

一緒に働く人と直接話したことがある

入社しないと誰と働くかわからないという状況はできるだけ避けましょう。

入社前に誰と働くかを知る方法は 2 通りあります。

  • 面接官が現場の技術担当者
  • 飲み会で会ったエンジニアに誘われる

1 つは、面接官が現場で働いている人であることです。 ベンチャーなら、CTO が面接担当をすることが多いので、CTO といろいろ話してみて、その人と一緒に仕事できるかどうかを見極めましょう。

もう 1 つは、飲み会などでエンジニアに会うことです。
ベンチャー転職を目指す人は知人からの紹介で転職するべきにも書いたように、プライベートな場で会ったエンジニアから紹介してもらうことで、現場にどんな人がいるかがわかります。

全員を把握することはできませんが、1 人でも多くの人を知っておくことで、入社後の人間関係に戸惑うことがなくなります。

オフィスの場所が自宅から 30 分以内

オフィスの場所の目安は自宅から 30 分以内がいいと思います。

通勤電車に耐えられるかどうか、電車の混雑度は個人差があると思うので、きつくないなと思う程度の時間を設定しましょう。

朝の通勤電車を避けるもう 1 つの方法として、10 時出社の会社にする方法もあります。

ほとんどのサラリーマンは 9 時出社なので、10 時出社であったり、フレックスタイム制を導入している会社なら、通勤電車のストレスを軽減することができます。

職場選びが全てです

仕事がきついかどうかは職場選びによって決まります。 ということは、転職活動がとても大事なのです。

スキルを磨くよりも、スキルに合った職場を選ぶ

スキルを磨けば技術的なきつさはなくなるかもしれません。
しかし、未経験でプログラマーになる場合は、スキルを身につけるよりもさっさと仕事についてしまった方がいいです。

ということは、スキルアップを目指すのではなく、今あるスキルに合う職場を見つける方が良いということになります。

ストレスが溜まるようならすぐに転職を考えるべき

頑張っていい会社を見つけたと思っても、理想とのギャップを感じてしまったり、妥協して職場を決めてしまったりして、ストレスが溜まることもあるかもしれません。

そんな時は、すぐに転職を考えましょう。

プログラマーとして転職できたのであれば、2 社目も転職することは可能です。

ストレスを抱えた状態で働き続けるべきではないので、常に良い職場を選びましょう。

他人と深く関わりたくないならフリーランスもあり

そもそも人との関わりが苦手で、ストレスが溜まるという人は、フリーランスになるのもありです。

フリーランスは短期間で職場が変わるので、面接は多いものの、人との深い関わりは少なくなります。

飲み会に誘われることも少ないですし、プライベートな関わりはほとんどないでしょう。

きついと感じないような働き方を選ぶことも考えてみましょう。

おすすめフリーランスになるためのおすすめエージェントサイト 3 選