ビットコインとイーサリアムについて調べてみた

Share on:

仮想通貨バブルが来ている。ビットコインは600万円を超えたし、イーサリアムも20万円を超えた。

1年前と比べると、5〜10倍くらいに値上がりしていて、さすがに見逃せないなと思ったから、ビットコインとイーサリアムについて調べてみた。

本を読んだ

まずは、Kindle Unlimitedで簡単な本を読んでみた。

1時間程度でさくっと読めるものだったが、概要は理解したつもりだ。

まず、ビットコイン。

一番大きな仮想通貨で、将来の基軸通貨になりうる存在。ゴールドを元に作られているため、発行上限は2100万まで。

2100万に近づくと希少価値が上がるため、価格も釣り上がるらしい。

また、ゴールドと同様に考えると、1BTC=5000万円くらいまでは上がる。

また、基軸通貨であるドルと同様に考えると、1BTC=1億円まで上がるらしい。

マイニングにかかる電気代が環境に悪いらしいのがデメリットだが、2100万BTCを全てマイニングしてしまえば、あとは基軸通貨となるのではないか。

続いて、イーサリアム。

2番目に大きな仮想通貨。

プラットフォームを作ることができるのが大きな特徴で、ブロックチェーンを使ったサービスはイーサリアムが使われることが多い。

これからイーサリアムを使ったサービスが増えてくれば、そこで使われるのはイーサだし、普及する可能性は大いにある。基軸通貨になりうるビットコインだが、イーサリアムプラットフォームで使う際には、イーサに換金することになるかも。

まだ開発途中だが、オープンソースであるため、世界中のエンジニアが開発に参加しており、より良い物を作ることが可能っぽい。

発行上限はないが、ビットコインとは別の仕組みで希少性を出すらしく、こちらも価値が上がる可能性は十分にある。

ブロックチェーンのお勉強

ブロックチェーン技術を実際に作ってみたり、イーサリアムの上級言語であるSolidityという言語を使って、ブロックチェーンアプリを作ったりしてみた。

データベースが必要ないし、P2Pという技術で、セキュリティも担保されている。

細かい仕様まで理解することはできなかったが、ある程度は技術的な部分まで踏み込むことができて、仮想通貨の可能性を感じた。

デメリットもある

ハードフォークという欠点があるらしい。新しい技術を適用しようとすると、現状のブロックチェーンを壊さないといけないという問題である。

ビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックなどは、技術的に本家にマージできなかったものだ。

今後、新しい技術が出てきたり、セキュリティホールに対応しようとしたときに、チェーンを維持できなかったら、どうなるのだろうか。