ブログとアフィリエイトの違いとは?僕はブログ派です。

Share on:

数年前から流行っている副業にアフィリエイトというものがあります。やったことがない人も、聞いたことはあるのではないでしょうか。

アフィリエイトはブログと同じように WEB サイトに記事を投稿するのですが、ブログとは若干違います。

アフィリエイトとブログの違い

アフィリエイトとブログの一番の違いは、「収益を目的にしているかどうか」です。アフィリエイトは 100%収益を得ることを目的に作られます。

一方、ブログは収益化を目指す人もいますが、個人ブランドの確立や日記、趣味などの目的で書く人もいます。

ブログは大きなカテゴリで、その中にアフィリエイトという小さなカテゴリがあるイメージです。

アフィリエイトの特徴

アフィリエイトは収益化を目的とするため、WEB サイトの作り方もブログとは違います。

多くのアフィリエイトサイトは、匿名、もしくは複数人で書かれています。匿名で書くことで、サイトを売却しやすくしたり、第 3 者目線で商品を紹介することができます。

また、アフィリエイトで稼げるようになるとライターを雇って記事を書いてもらうことがあるため、複数人の作成者がいることになります。

アフィリエイトは、個人ブランドを持たないため、SNS からの流入がありません。基本的には Google 検索からの流入です。
アフィリエイターに求められるのは、検索数が多いキーワードで上位表示されることであり、その対策のことを SEO と言います。

アフィリエイト目的で書かれた記事は、最終的には商品紹介になります。記事の一番下に「申込みはこちら」などのリンクを付けて、そのリンクを踏んで商品を買えば、アフィリエイトサイト運営者の収益になります。

SEO 対策やセールスライティング、広告マーケティングなどのスキルが必要とされます。

ブログの特徴

ブログは誰が書いているかがわかるのが特徴です。芸能人のアメブロなどが例としてあげられます。

アメブロで匿名の人が何かの商品紹介をしていたら、それはアフィリエイトです。(アメブロはアフィリエイトに向きません)

とはいえ、ブログでも商品紹介をする場合もあります。僕のブログでも本のレビューとかをしていますが、記事からアマゾンのリンクをクリックして本を買ってくれれば、僕の収益になります。

ブログもアフィリエイトの要素は含んでいるのです。

ブログは、執筆者が特定できるので、ライターを雇ったり、サイトを売却することは基本的にはありません。個人の書きたいことを書くのがブログです。

ブログをおすすめする理由

アフィリエイトは自宅でタダで稼げる副業として、数年前までとても人気でした。(今でもやっている人はたくさんいます)

しかし、Google の SEO に依存してしまうことがリスクになり、アフィリエイトで食べていくことが難しい時代になってしまいました。今の Google は SEO 対策をしている記事よりも、コンテンツが有料で、権威性がある記事を上位に出す傾向が強くなっています。

今からアフィリエイトを始めて、Google 検索で上位を狙おうとしても、商品を買ってくれるようなキーワードはとても厳しいです。
ベテランアフィリエイターや公式サイトなどが独占しているからです。

今から文章を発信したいのであれば、僕はブログをおすすめします。ブログももちろん SEO 対策を行いますが、SNS からの流入も狙うことができます。
マーケティングスキルがあるなら、メルマガや Youtube、LINE@などからの流入も狙えます。

SEO に依存しないマーケティングができるブログのほうが、これからの時代、アクセスを集めやすくなるのです。

ブログを始めるのにおすすめの本

ブログの始め方がわからない、ブログの仕組みがわからないという人におすすめの本を紹介します。

サーバの借り方やブログの立ち上げ方ではなく、ブログの根本的な部分を知りたい人向けです。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

「個性を収入に変える」というタイトルにもあるように、ブログとは、個人を表に出し、読者をつけて、収入に変えるものであるという内容です。

アフィリエイトではなく、ブログで生きてきた著者の本なので、これからブログを始めたい人に参考になります。

武器としての書く技術

インフルエンサーのイケハヤさんの書籍です。

彼もブログで飯を食べ、その影響力を活かして最近は Youtube もやってますね。個人のキャラを強烈に与える秘訣が知りたいのであれば、必読です。