本を買うか、図書館で借りるか

Share on:

先日、クレジットカード利用額の内訳を確認したところ、

  • プロテイン代:10000円
  • 書籍代:20000円

となっていた。
外食やデートなどは共同口座から引き落とされるから、個人として使っていたのはプロテインと書籍のみである。
プロテインをこれ以上安くするのは難しいが、書籍代は図書館で本を借りることで節約できるのではないかと思った。
多くの成功者が本に使う金を惜しむなと言うが、タダで読めるのならお金は使いたくないと思うから、図書館にある本は借りて読もうと思っている。
しかし、本を買うことの意味はお金を使う以外にもいくつかあることに気づいたので、今回は「本を買うか、図書館で借りるか」というテーマでまとめていく。

本を買うメリット

書き込むことができる

買った本は自分の所有物だから書き込みOKである。
図書館で借りた本は書き込みができないため、思ったこととメモしておくことができない。
メモ帳に書き込んでおくという策もあるが、それでは読み返した時に面倒くさい。

お金を払うことで真剣に読む

精神論になるが、お金を払ったんだからしっかり読もうと思うわけである。
借りた本だと貸し出し期限も決められているから、つい雑に読んでしまいがちだ。
1500円分以上の知識を身につけようと思うことで、理解力も増すのである。

欲しい時に手に入る

図書館で本を借りる場合、欲しい本が図書館に置いてあることを確認し、貸し出しができる状態になければならない。
その本、図書館にあります。というChromeアプリを使えば、Amazonで調べた本が図書館にあるかどうかを表示してくれる。
貸し出し予約をしたら、現地まで足を運ばないといけない。
家の近くならまだいいが、少し離れた図書館に行かないと蔵書されていないのであれば、面倒だ。
その点、本を購入する場合は近くの書店に行けばいいし、ネット通販でも数日後に届く。
最新作は図書館には置いてないから、おのずと購入して読むことになるのだ。

図書館で本を借りるメリット

お金がかからない

1冊1500円の本を10冊買うと、15000円である。
その10冊を図書館で借りてしまえば、タダである。
図書館はタダではあるが、私たちが支払った税金で運営されているから、使っただけ税金の取り戻しになるという考え方もできる。
1500円は高いとはいえないが、チリも積もればであるから、節約したいなら図書館で借りるべきである。

学術書が置いてある。

何か調べ物がしたいと思った時に本屋さんにいっても論文や辞典などは置いていないだろう。
もしあったとしても1冊何万円もするのだ。
図書館なら重たい学術書も置いてあるため、調べ物をするにはもってこいなのである。
図書館の本はコピーがOKのところがほとんどなので、気になるところはコピーしてメモすることもできる。
調べ物がしたいときは図書館の方が良いのである。

図書館という集中できる場所を使える

本を借りに行くだけでなく、本を読んだり、勉強をする場所としても図書館は役に立つ(むしろその使い方がメインである)。
買った本を図書館に持ち込んで読んでもいいが、せっかく図書館に行くならその場にある本を選んで読みたいだろう。
本を借りるだけでなく、読む場所まで提供してくれるという意味で、本を借りるメリットになるはずだ。

購入とレンタルのベストプラクティス

本を買うか、借りるかのどちらか一方に決めなければいけないということはないし、前述の通り、どちらにもメリットはある。
なので、購入とレンタルをどのように使い分けるのが最善なのかについて考えていく。

基本は購入

面白そうだなと思った本は購入してしまった方が良い。
なぜなら、読みたいと思ってからすぐに購入することができるからだ。
面白そうな本を見つけたら、本屋ならその場で買う、ネットなら注文すればすぐに読むことができる。
ネットで注文して届くまでの時間すらもったいないと思うのであれば、電子書籍も良いだろう。
図書館の場合、予約して現地に行ってようやく貸してもらえる。
基本的には本は購入するというスタンスが良いだろう。

週末にフラッと立ち寄って読むなら図書館

本が読みたいから図書館でも行くか、と思ったなら図書館で借りるべきである。
とりあえず勉強道具や買った本を持って図書館に行くと思うが、せっかく図書館に来たなら借りてしまおう。
読みたい本があるのなら買うべきだが、特に目的がないなら借りるべきである。

普段読まない本は図書館で

新しく資格でも取ろうと思ったり、ヨーロッパの歴史が気になると思ったりしたら、まずは図書館で本を借りよう。
それらの興味が続くかわからないし、やっぱり面白くないと思ったら今後そのジャンルの本を買うことはないだろう。
何か新しいことを知るために1500円を払うのはもったいない。
まずはタダで入門してみてから、興味があれば買ってみたら良いだろう。
Kindleと楽天koboと紙書籍の使い分けについてまとめる

まとめ

この本が読みたいという目的があるのなら買うべきだし、ちょっと気になる程度なら図書館で良いだろう。
購入する本は書き込みをして何回も読み返す見込みがある物であるべきだ。
好奇心を満たすだけなら図書館で十分なのである。