フリーランスエンジニアは稼げないのか【給料と比較する】

Share on:

この記事は、フリーランスエンジニアになりたいけど、本当に稼げるのか不安に思っている人のために書いています。

フリーランスエンジニアはリスクがあると言われていたり、単価は高いけど長期的には稼げないと言われることもあります。
果たしてそれは本当なのでしょうか。

僕の考えは、ノーです。
フリーランスエンジニアの手取り金額は会社員の給料よりも高くなることが多いです。

僕はフリーランスエンジニアになったことはないのですが、フリーランスエージェントに単価の相場を聞いてみたり、副業でどのくらいの単価になるのかを試した経験からお伝えしています。

なぜフリーランスになると収入が上がるのか

なぜフリーランスになるだけで収入が上がるのでしょうか。

それは、フリーランスの方が失業のリスクが高いからであると言えます。

雇用が守られていない

会社員は法律によって雇用が守られているので、簡単にはクビになりません。
クビにできないということは、ミスマッチの採用をしてしまっても、やり直すことができないというわけです。

そうなると、企業側は給料をできるだけ少なくし、ミスマッチした時のリスクを減らそうとします。

一方、フリーランスは、短期間でも簡単に契約を切ることができます。
雇用ではないのでクビとは言いませんが同じことです。

成果を残せなかったらすぐに仕事がなくなってしまうというリスクがあるので、フリーランスは会社員より高い収入でないと割に合わないのです。

フリーランスエンジニアになる前に単価の基準を知っておこう

即戦力とだけ契約する

成果を出せない人はフリーランスとしてやっていくのが難しいので、生き残るフリーランスは即戦力のみになります。

企業は新卒社員を教育したり、優秀な社員に研修に行かせたりしますが、フリーランスは一切教育の手ほどきを受けることができません。

常にすぐ使えるかどうかだけで契約の判断をされます。

フリーランスは弱肉強食の厳しい世界にいるので、収入は会社員よりも高くなります。

単価・給料を上げるために必要なスキル

経理作業が一切発生しないから

会社員は、交通費や接待費、出張費など仕事で使うお金を経費にすることが許されています。

フリーランスの経費は、全て自分の収入から出さないといけません。

会社員とフリーランスが企業からもらうお金には下記のような違いがあります。

  • 会社員:経費+給料ー税金=使えるお金
  • フリーランス:収入ー経費ー税金=使えるお金

経費を使う人ほど会社員であるほうがお得になり、経費を使わないとフリーランスの方がお得になります。

エンジニアは出張や接待のような営業職に見られる経費が少ないので、フリーランスの方がお得になるケースが多いのです。

単価をもらうための請求書の作り方

フリーランスと会社員の給料を比較

実際にフリーランスと会社員の収入を比較してみます。

年収 480 万円の会社員がフリーランスになった場合、だいたいの相場として、年収 720 万円くらいになると想定します。

フリーランスが高すぎるんじゃないかと思うかもしれませんが、年収 480 万円くらいの方は、一度フリーランスエージェントに相場を聞いてみましょう。
720 万円ではむしろ安いかもしれません。

年収 480 万円の会社員の手取り

イージー給料計算 というサイトで計算してみます。

税金や保険料は細かく設定していませんが、40 万円の給料で、手取りが約 33 万円です。

会社員は経費を引く必要がないので、33 万円が最終的な手取り金額になります。

年収 720 万円のフリーランス

次に、年収 720 万円のフリーランスになった場合を考えてみます。

税金・社会保険料計シュミレーションというサイトで計算します。

年収 720 万円で、毎月の経費は 3 万円とします。

すると、月額手取りは約 35 万円です。

若干フリーランスの方が多くなりました。

経費の額によって手取りが変わるのですが、交通費や勉強代くらいなら 3 万円も使わないはずなので、実際には 35 万円以上の手取りになる可能性もあります。

フリーランスの方が手取り収入が高い

冒頭にも述べたように、フリーランスの方が手取り収入が高くなることが多いです。

フリーランスは経理作業も自分でやるので、経費や税制の使い方によっては、さらに手取りをアップさせることもできます。

フリーランスになる前に税金の勉強をしておくと良いでしょう。