プログラマとしてのキャリアパス5選

Share on:

プログラマのキャリアパス

プログラマは特殊な職業だと思います。
若くても稼ぐことができるし、むしろ年齢を重ねると共に仕事がなくなってくる。
他のサラリーマンの仕事とは違って、スキル重視であり、スポーツ選手と似ていますね w
じゃあ 40 歳、50 歳になったときにどのようなキャリアを踏んでいけばよいのでしょうか。

スキルを極める

50 歳になっても若い人に負けずに最先端の技術を学び続けることで、仕事がなくなることはないでしょう。
勉強を続けるのはかなり大変ですが、プログラミングが好きであればこのようなキャリアパスもありでしょう。
とはいえ、それだけできるプログラマになると、CTO や PM など、責任者としての採用が多くなるはずなのでプログラミングをする時間は少なくなるかもしれません。
フリーランスとして仕事を請け負っていく方が良いかもしれません。

管理職を目指す

ある程度のレベルに達したらスキルを極めるのを緩めて、浅く広く知識を増やしたり、マネジメント側に回っていくことで将来的に部長や CTO などの管理職や役員になれるでしょう。
プログラミングに限界を感じていたり、そろそろ上の立場になってマネジメントをしてみたいという人はこちらのキャリアパスが良いのではないでしょうか。

起業する

IT 分野での起業は一番リスクが少ないと言われています。
何か世の中の役に立ちたいと思うようなことがあれば、起業するのも 1 つでしょう。
もちろん、会社員やフリーランスよりはリスクはありますが、基本的に自分で物事を決めることができますし、成功すれば報酬もかなりもらえるようになるでしょう。
プログラマにとって、起業というのは 1 つの選択肢であって良いと思います。

アプリ制作やブログで稼ぐ

個人的にアプリを制作していたり、ブログを書くことによって、収益をあげる方法です。
アプリを企業に売却したり、ブログが人気になればそれだけで生きていけるでしょう。
単なるスキルだけでなく、マーケットを見る目や 1 人でコツコツと続けないといけないので簡単ではありません。
フリーランスや会社員と合わせて副業として行えば、リスクを減らすことができるでしょう。

コンサルティングになる

システムを作りたい企業に対してコンサルティングを行う仕事です。
会社員だと外資系企業に多いような気がします。フリーランスだと仕事を取るのが難しいイメージです。
システム全体についての知識があり、サービスを成功させた経験も必要なので、かなりのスキルが必要になるし、日々アップデートしていく必要があります。
ただ、労働時間は短く、収益が高い職としてコンサルティングはかなり上位にくるはずです。

目的別キャリア

人によってお金が欲しい人もいれば、時間が欲しい人、場所を選ばず働きたい人などそれぞれだと思います。
なので、上記のキャリアを目的別に分けていきます。

お金重視

短期間でお金が欲しいならフリーランス。
長期間でリスクを取りたくないならアプリとブログ、 会社員。
長期間でリスクが取れるのなら起業。
1 年で 300 万円貯金したい!といった短期の目標があるならフリーランスがよいです。
会社員に比べて収入が高いからです。ただ、契約を切られてしまう可能性もあるので、
長い目で見ると会社員の方が稼げるかもしれません。
年金も国民年金なので、厚生年金に比べると支給額は少なくなります。
長期間の安定したお金が欲しいなら、会社員をしながらアプリ制作やブログがおすすめです。
日本では会社員は解雇されにくいですし、毎月安定した給料をもらうことができます。
ブログやアプリ制作も作り続けていれば収益化してくるので、家計の足しにできるし、技術も身につきます。
リスクを最小限に抑えたいならおすすめのキャリアパスです。
対して、リスクが取れるのであれば起業です。
始めて数年は収益が出ないということもあるかもしれないので、長期的なチャレンジが必要ですが、
軌道に乗ってくれば多くのお金が手に入るでしょう。

時間が欲しい人

フリーランスをしながら、アプリ、ブログ制作がおすすめです。
在宅勤務できる案件も多いですし、基本的には自分のスキルさえあればどこにいてもできる働き方です。
最近は副業ができる会社や副業を募集している会社も多いので、いろいろと調べてみると良いでしょう。
物価の安い国でリモートワークをしたり、時差を利用して業務後の副業だけどミーティングに出たりするような働き方はプログラマならではですし、魅力的だと思います。

いろんな場所で働きたい人

時間が欲しい場合のキャリアと同じです。
リモートで働くことができる会社で会社員になるか、フリーランスとして働くことがベストです。
会社員だと時間は決められてしまいますが、場所は決められないし、安定した給料も入るのでそういった会社を探すことをおすすめします。

個人的にベストなキャリアパス

フリーランスとブログを掛け持ち。
ブログで収益が出るようになったら、フリーランスの仕事量を減らす。
さらに収益が出てきたら起業して、創業時のリスクを最大限に減らす。
これが自分的ベストなキャリアパスです。
フリーランスは契約が切れるとお金がもらえなくなるわけですが、その時間を利用して他にやりたいことをやりたいです。
会社員は安定しているけど、辞めるまでに時間がかかるし、そもそも言い出しにくい雰囲気があるので、フリーランスの方が気を使わず働けるかなと思っています。
今はまだ会社員と副業を始めた段階ですが、副業での収益が安定してきたらフリーランスになって、ブログの収益が出てきたら起業するという分散した働き方を実践していきたいと思っています。
プログラマといえば、起業かフリーランスと思われがちですが、自分が必要としているお金や時間、リスクを考えてそれぞれのメリットを理解しつつキャリアを決めると良いと思います。