就活でIT企業に入るために資格取っておくべき【アピールできる】

Share on:

新卒で IT 企業に入りたいのですが、資格は取るべきでしょうか。
どんな資格がいいのかについても教えてください。

新卒なら資格は取ることは就活に有利になるはずです。時間に余裕があるなら取りましょう。

就活をする学生の多くは、TOEIC が有効な資格だと考えますが、IT 業界に入るなら(外資系 IT を除いて)IT 系の資格を取るべきです。

新卒が資格と取るべき理由

新卒は社会経験をアピールすることができないから。

新卒の人たちはアルバイトくらいしか社会経験がありませんから、実務経験はほぼありません。
そこで、資格が社会経験を担保する有効なアピールポイントになるわけです。

特に IT の仕事には知識が必要ですから、最低限の知識があることをアピールすることができれば、プラス評価してもらえる可能性が高くなります。

資格は社会経験に近いアピールポイント

社会人になるためにはできるだけ社会で貢献することをアピールするべきであり、学生経験をアピールしても意味がありません。

就活での有効なアピールポイントは「ボランティアや海外留学」だと言われていますが、面接をする立場になってみるとそれが本当に有効かどうかは疑問です。

ボランティアや海外留学がアピールできるのは「行動力やコミュニケーション能力」というものさしでは測れないスキルです。

それに対して資格は、「一定の知識があること」をアピールすることができますので、ものさしで測ることのできるスキルです。

特に IT 業界はスキルが重視される仕事なので、ボランティアや海外留学よりも資格の方が有効なアピールポイントになるでしょう。

コミュニケーション能力をアピールしたいのであれば、面接でハキハキ話すだけでも十分です。

学ぶ意欲や努力できる人であることをアピールすることができる

日本の大学生(特に文系)は、ほとんど勉強しません。

その中で勉強していることをアピールできるのが資格です。

大学でどんなことを学んだかをアピールするよりも、実際に取った資格を見せるほうが学ぶ意欲や努力できる人であることをアピールすることができます。

どんな資格を取るべきか

IT パスポート

IT 系の資格の中では一番簡単です。

あらゆる IT 知識の基礎になる内容なので、どんな職種に配属されるにしても身につけておいて損はないでしょう。

インターネットがどのように繋がっているのかとか、プログラミングとは何かみたいな知識が身につきます。

基本情報処理技術者試験

IT パスポートの上位版です。

SIer に内定すると、入社までに勉強しておくことを命じられる可能性が高い資格です。

IT パスポートだと知識的に足りない部分があるので、もう少し細かい部分にまでフォーカスしています。

新入社員は研修があると思うので、研修についていけるレベルの知識は身につきます。

応用情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験のさらに上位版です。

実務経験がない状態で応用情報を取るのはかなり難しいのですが、これが取れてしまえば実務でも通用する知識が身についているということになります。

僕の同期で応用情報を取っている人は、大学で情報系の学部にいた人くらいでした。
文系の人でここまで取ることができたら、アピールポイントとしては十分すぎるでしょう。

資格取得に精を出しすぎるのもよくない

データベースや AWS など細かい技術の資格まではいらない

上記にあげた 3 つの資格はどれも IT の基礎を身につける資格です。

他にもデータベースの資格や AWS(クラウドサービス)の資格などがあります。

これらは実際に仕事で触ってみないとわからないことが多いですし、配属先で必ず使う技術かどうかはわからないので、効率的ではありません。

書店で立ち読みをしてみたり、AWS についてネットで調べてみるくらいなら推奨しますが、資格まで取る必要はないです。

※実務経験がないのにここまで資格を取ると、資格マニアの領域です。

資格を取ったら WEB サイトを作ろう

IT 基礎系の資格を取ったら、実際に WEB サイトを作ってみましょう。

プログラミングを学んで、アプリや WEB サービスを作る。
これで、資格の知識がより深まりますし、面接でのアピールにもなります。

何より資格の勉強よりもプログラミングで何かを作っているほうが楽しいので、継続することができるはずです。

時間に余裕があればインターンも検討する

学生が実務経験を積む一番良い方法は、インターンに参加することです。

ベンチャー企業のインターン、もしくはアルバイトに応募してみましょう。

ベンチャー企業なら学生でも構わずいろいろやらせてもらえます。

大変かもしれませんが、IT 業界で働くイメージが持てますし、就活のときにリアルなアピールをすることができます。

既卒の転職時は資格不要です

社会経験のない新卒なら資格は有効ですが、既卒の場合は資格を求められることはほとんどありません。

なぜ既卒は資格が評価されないのか、その理由について説明します。

成長性ではなく、即戦力が求められるから

既卒に求められているのは、即戦力になるかどうかです。

研修はありませんし、いきなり高いポジションを任されることもあります。

これからの未来に期待されるのではなく、今何ができるのかを期待されるので、資格ではなく前職での実務経験がメインで評価されます。

プログラミング初心者が独学するためのおすすめサイト 5 選

転職時は資格ではなく実績を見られる

面接時には就活のような、「志望理由や強み・弱み」を聞かれることはほとんどありません。
むしろ、そのようなことを聞いてくる会社は即戦力を求めていないので転職をする目的に合っていないと思われます。

転職の面接をする目的は、スキルや経験がマッチするかのみです。

なので、転職時は資格ではなく実績がみられるのです。

転職する人はポートフォリオを作るべき

では、転職をする人は資格ではなく何をすればいいのかというと、ポートフォリオを作ることです。

ポートフォリオは自分で作った WEB サービスをまとめることで、これが実績のアピールになります。

未経験で転職したい人は前職の実績をアピールすることができないので、ポートフォリオを作ることが必須になります。

もう新卒ではないけど、ゼロからエンジニアになりたい人はポートフォリオを作りましょう。