エンジニアが転職を繰り返すメリット・デメリット

エンジニアは転職が多いといわれてますが、転職を繰り返すメリットとデメリットを教えてほしいです。

上記の疑問に答えます。

まずはじめに、エンジニアは転職が多いのは事実です。

1つの会社で働き続け、年功序列で収入やポジションを上げていく方がメリットが大きいのであれば、もちろんエンジニアも転職はしないでしょう。

ただ、エンジニアという職業は転職を繰り返す方がメリットが大きいので、転職が多くなります。

おすすめ ベンチャー転職に使うべきおすすめの転職サイト

なぜエンジニアは転職が多いのか

エンジニアの転職回数が多い理由について解説します。

ITスキルはどの会社でも共通して使えるから

転職回数が多い理由の一つとして、転職ができる人が多いことがあげられます。

プログラミングスキルやインターネットのスキルは全世界共通です。

プログラミング言語の違いは多少ありますが、主要な言語ができればどの会社でも働くことができます。

他の業界だと、「うちの製品の情報を知らないといけない」とか「あの人と仲良くしないといけない」みたいな会社内だけで使われるスキルや人脈があります。

ITはインターネットで全世界と繋がっていることもあり、社内だけの情報というものが非常に少ないです。

さすがに社内製品の内部情報までは公開しませんが、使っている技術やノウハウはインターネット上に公開するのが当たり前の世界です。

スタートアップ企業はすぐにつぶれてしまうから

IT業界にはスタートアップ企業が多くあります。

スタートアップ企業とは会社を立てたばかりの小さな企業のことです。

これらの企業は事業に失敗してすぐに潰れてしまうこともあります。

そうなると、そのスタートアップで働いていたエンジニアは転職をせざるを得ないので、結果的に転職回数が多くなるのです。

技術の変化が激しく、今の会社の技術が古くなってしまうから

IT業界は技術の変化が早いので、今の会社で使っている技術はすぐに古くなってしまいます。

古いから悪いというわけではないのですが、市場価値を保つためには常に新しい技術にアップデートしていく必要があります。

なので、今の会社の技術が古くなったら、新しい技術を使っている会社に転職をします。

新しい技術を使う会社は創業したてのスタートアップであることが多いので、「転職→スタートアップ→潰れる→転職」という流れができあがり、転職回数が増えるのです。

エンジニアが転職をするメリット

エンジニアが転職する理由について解説したので、次に「エンジニアが転職するメリット」を解説します。

多くのスキルを学ぶことができる

いろんな会社で働くことで、多くのスキルを学ぶことができます。

エンジニアは常に最新の技術を学び続けないといけないので、独学で勉強するよりその技術を使っている会社で働いた方が楽なんです。

1つのスキルを極めるのも大事ですが、いろんな技術を学ぶことで、学んだスキル同士が相乗効果を生んで、キャリアアップにつながっていくこともあります。

年収をあげることができる

いろんな会社でスキルを磨いていくと、市場価値が上がり、年収がアップします。

これは、1つの会社で徐々に年収を上げていくよりも早いスピードです。

エンジニアは20代で年収1000万円を超える人もいて、転職を繰り返しながら成長していく方が年収増加の幅が大きくなっていくのです。

人脈を広げることができる

複数の会社で働くことで、人脈を広げることができます。

エンジニアはフリーランスとして独立して働く人も多く、その人たちは人とのつながりによって仕事を見つけることもできます。

将来的に独立を目指す人が多いので、人脈を広げることを重要視している人が多いのです。

エンジニアが転職をするデメリット

ここまで転職に関する良い点ばかりを解説してきたので、デメリットについても解説します。

勉強を怠ることができない

エンジニアは「スキル=市場価値」なので、技術の勉強が欠かせません。

エンジニアの道を諦め、管理職になるとか、経営者になることで技術の勉強からはいくらか逃れることができますが、そうやってステップアップにもある程度の知識は必要なので、エンジニアは誰よりも勉強する必要があるのです。

プログラミングは勉強をしているという感覚がないくらい楽しいものなので、プログラミングが楽しいと思える人にとってはエンジニアは天職でしょう。

年金や退職金は期待できない

転職回数が多くなると、その度に年金や退職金の積立が減ります。

年金や退職金に期待できない分、若いうちに稼いでおかないといけません。

エンジニアはとても働きやすい恵まれた職種だと思いますし、若くして稼げますが、将来のことについては人一倍考えておかないといけません。

社員同士の家族のような一体感は生まれない

転職が多くなると、同僚との関係も希薄になりがちです。

メリットでは、「エンジニアは人脈を重要視する」と書きましたが、あくまでビジネス的な人脈であり、会社の成長をかけた家族のような絆は生まれにくいでしょう。

最近は仕事以外に生きがいやコミュニティを見つけることができると思いますので、会社に絆を求める人は少ないかもしれませんが。

成長を目指すなら転職を繰り返すべき

エンジニア転職はデメリットよりメリットの方が大きいです。

なので、これから成長していきたいエンジニアは転職を繰り返し、将来のキャリア目標を達成しましょう。

正社員としての転職だけではなく、フリーランスになることでさらにカジュアルに会社を移ることもできるようになります。

エンジニアが1つの会社で働き続けるのは少数派なので、エンジニアになりたい人はどのように転職をしてキャリアを積んでいくかも考えておきましょう。