【新卒ですぐに転職】第二新卒で転職を成功させる方法

新卒で会社に入ることができたのはいいけど、すぐに辞めたくなってしまった。
とりあえず3年は続けた方がいいのか、すぐに転職するべきか迷っています。

結論から言うと、転職ができる状態になった時点ですぐに辞めるべきです。

転職ができる状態というのは、転職前の準備が完了している状態のことです。

具体的には、

  • 何になりたいかを決める

  • 必要なスキルを身につける

  • 転職時に有利になりそうな経験をしておく

これらができていることです。

詳しくは、【転職希望者向け】転職前にどのような準備をすればよいのかに書いているので参考にしてみてください。

それでは、入社してすぐに辞めた後に、第二新卒として転職を成功させる方法について解説します。

辞めた理由をポジティブにする

入社してすぐに会社を辞めてしまうと、「この人はすぐに会社が嫌になってしまう、粘りがない人なのではないか」と思われてしまうかもしれません。

これはもちろん面接時に不利になるので、たとえ辞めた本当の理由が「会社が嫌だったから」であってもポジティブな理由を見つけましょう。

例えばこんな感じです。

  • 違うスキルを身に付けたいと思ったから

  • 小さな会社で責任ある仕事がしてみたかったから

  • 会社を成長させるような仕事がしたいから

大企業からベンチャー(中小)企業に転職する際は、上記の理由が使えます。

特にベンチャー企業の人は、大企業に古い慣習が残っているからあまり良くないと思っている人がいます。
そういう人が面接を担当してくれれば、短期間での退職に対しても理解してもらえるでしょう。

何かしらのスキルをアピールする

第二新卒という立場は、新卒と同様に未経験でも採用してもらえるギリギリの立場です。

しかし、新卒に比べると、多少の経験は求められます。

1年で辞めたとしたら、その1年で何かしらのスキルは身に付けておくべきです。

即戦力となるスキルまでは求められませんが、自分1人でも仕事を進められるくらいのスキルは身に付けておきましょう。

何もスキルがないという人は、失業保険を使って、勉強をする期間を儲けることをおすすめします。

失業保険を上手に受給する方法【手厚い制度です】

若いうちは第二新卒として転職しやすい

「3年は働け」と言われることがありますが、現代においては3年も働いていては遅いです。

社会人3年目までが第二新卒と呼んでもらえる立場なので、3年も働くと一人前のスキルが身についていないと転職をすることができません。

最初の転職をするなら、逆に3年目までにするのがおすすめです。

第二新卒なら業界や職種を変えて、一から始めることができるからです。

第二新卒は転職に有利であると考えて、早めに転職の準備をし、すぐに転職ができるようにしておきましょう。