割合が大きなところに集中する

普段洋服やお菓子を買うときに、値段を気にすると思いますが、いくらの物に対して迷っていますか?

ユニクロで何を買うのかを迷っているなら、それは1000円のTシャツや4000円のジーンズではないでしょうか。お菓子なら、100円のグミか200円のグミで迷ってはいませんか?これらの比較的安い物に対して迷うのは時間の無駄だと思います。もっと支出や収入の割合が大きなところに集中すべきです。

最も支出が大きいのは、家賃です。なので、日々の買い物で迷っている暇があったら、賃貸ポータルサイトを検索するべきでしょう。収入が大きいのはもちろん仕事ですから、転職サイトは隈なく調べるべきでしょう。

金額が大きくなるほど、数万円の価格差は気にしなくなるものです。初期費用50万円の引っ越しに保障料がプラス2万円されても対して気にしないでしょう。ここで2万円に対してごたごた言うのはかっこ悪いという気持ちすらあるかもしれません。しかしながら、2万円のジーンズではなく、4000円のユニクロのジーンズを買ってしまうのです。

家賃に集中するべき

日々の買い物であれこれ迷う必要がないと言いましたが、それは家賃が安くなっていることが大前提です。今家賃10万円の家に住んでいて、日々節約しているのであれば、家賃が8万円になってしまえば、日々の節約は全く必要ないのです。

環境に配慮する場合を除けば、エアコンを点けたり消したりしても問題ないですし、水を出しっぱなしにしても金銭的には全く問題ないのです。

同じ家のグレード、通勤時間でも家賃や初期費用を安くすることは可能ですし、そのために毎日のようにポータルサイトを検索してもいいでしょう。遠くのスーパーに出かけるくらいなら、家で賃貸ポータルをぽちぽちしてるほうが生産性が高いのです。

この事実は、家計簿をつけていたら明らかになっているにもかかわらず、家賃が安くなることはないと決めつけているのでしょう。不動産業界の仕組みを知れば、おそらく多くの人は今以上に家賃を安くすることができるので、家計簿をつける前に、家賃を安くする方法を考えましょう。

転職は慎重に行うべき

支出に関しては、家賃に集中すべきですが、収入をもっと上げる必要もあります。収入を上げるために最も重要なのは、どの仕事に就いているか、どの会社で働いているかですから、転職は最も重要であり、慎重に行うべきです。

転職をする際にエージェントに頼り切りなのはよくありません。もちろんエージェントを使うのは1つの手段としてありですが、複数のエージェント、複数の転職サイトを隈なく検索しましょう。自分の理想の条件に当てはまる会社を妥協せずに探すべきです。

良い会社に入れるかどうかによって、毎月の給料が何万円も変わるし、ストレス、自由時間、スキル、人間関係など、人生において多くのイベントに影響が出てきます。人生=仕事と言っても過言ではないレベルです。

結婚相手を慎重に選ぶように、仕事も慎重に選びましょう。

ベンチャー転職に使うべき転職サイトを紹介!【おすすめ3選】

割合が大きなところから集中していく

家賃と仕事が最も大きな割合を占めているので、これらに集中していくことが最優先ですが、次に集中すべきは、固定費です。固定支出である、スマホ代や保険代、車のローンなどを見直しましょう。スマホ代が毎月3000安くなれば、1年で36000円浮くことになり、4000円のジーンズなんかじゃなく、40000円のジーンズを買うことができます。要らなくなったら売れば、結局得します。

たまにある外食費や洋服代などをケチるのではなく、毎月必ずかかってくる大きなお金を節約することから考えましょう。

収入に関しても同様に固定収入を増やすことを考えます。メルカリの販売額を気にするよりも、ブログ収入を上げる方がいいですし、不動産を持っているなら、メルカリなんかやめて、家のリフォームでもしましょう。

固定収入を本業以外に作るのは難しいですが、メルカリで小銭稼ぐをするよりも、固定収入を増やすために副業するほうが重要です。

お金だけじゃなく、何事においても大きなところから

収入や支出だけでなく、何事においても、割合が大きなところに集中するというのは同じです。仕事であれば、ちまちまメールチェックをするよりも売上や評価に直結する仕事から終わらせましょう。

恋愛においても、テクニックに頼るよりもイケメンになるために努力するほうが良いですし、ファッションにお金をかけるよりも、スタイルを良くするほうが先決です。

僕も出社するとメールが気になってしまうのですが、優先すべきことから集中しないといけませんね。

細かいことに集中してしまっている人は、まず全体を見て、大きなところを探してみましょう。