正しい情報を得る方法【嘘の情報を掴まされないために】

Share on:

先日、知人が美容室でシャンプーを買ったらしいのですが、その理由が「美容師さんに勧められたから」だったのです。

美容師さんは決して市販のシャンプーを認めたりしないですし、自社のシャンプーを勧めてきます。

それは情報が正しいかどうかに関わらず、ビジネスとして当たりまえのことです。
にもかかわらず、美容師さんの言うことを信じてシャンプーを買ってしまうのです。

もし市販のシャンプーより優秀なら、さっさと商品化して全国的に販売していけば成功するはずです。

この話はシャンプーだけではありません。

本や服、転職先などあらゆる情報は正しいものではなく、誰かの利益になるように操作されている可能性が高いです。

そうした偽の情報を打ち破り、本当に正しい情報を入手する方法をお伝えしたいと思います。

一次情報にアクセスする

正しい情報をアクセスするには、一次情報にアクセスすることが一番です。
つまり、自ら体験してみることです。

シャンプーであれば、自分で使ってみてそれが髪に優しいのかどうかを体験するのです。

気になる旅行先があるなら実際に行ってみる。
入りたい会社があるなら働いてみる。

一次情報こそが正しい情報になります。

他人の評価に惑わされなくなる

自分の体験というのは、他人からの評価に一切関与しません。

友達が「マチュピチュはすごい景色だった!」といっても、あなたが「大したことないな」と思ってしまえば、正しいのはあなたの意見なのです。

シャンプーだって髪質によって違いがあるし、会社もそれぞれの立場やタイミングによって評判は変わります。

正しい情報というのは、「1 + 1 = 2」みたいな誰が見ても正しい情報ではなく、あなたにとってのみ正確であればいいわけです。

一次情報にアクセスするには、膨大な時間とお金が必要

しかし、この方法だといくら時間とお金があっても足りません。

世界中の隅々までを回ることはできませんし、日本中の会社で働くこともできません。

だからこそ、テレビやネットで情報を集め、取捨選択するわけですよね。

一次情報にアクセスするにもどこかから情報を仕入れないといけない

あるシャンプーが良いと思って実際に使ってみるのが一次情報にアクセスすることですよね。

そのあるシャンプーはどこで知ったのでしょうか?
生まれたときから知っているわけではないですし、おそらく広告を見たか、美容師さんから聞いたか、友達から勧められたのでしょう。

一次情報にアクセスするにも、そのアクセス先の情報を入手した経路があるはずです。
その情報は果たして正しい情報なのでしょうか。

正しい情報が集まる経路

シャンプーが欲しいと思った時に、どこから情報を入手するのが正しいのでしょうか。

結論から言うと、100%正しい情報経路はありません。
ただ、正しい確率が高い経路はあります。

情報が正しい可能性が高い順に以下、並べてみました。

  • 店頭のサンプル品
  • 信頼できる人(家族や友人)からの口コミ
  • 複数商品を試して、実績を公開している Youtuber
  • 書籍や有料 note
  • その道のプロ(美容師や専門家)の意見
  • WEB 検索で出てきたページ

店頭のサンプル品

店頭で配っているサンプル品を試してみるのが一番正しい情報です

これは、ほぼ一次情報になるのでシャンプーを使ったらどうなるのかを体験することができるからです。

デメリットとしては、お店側が売りたい商品しかサンプルが置いてないので、本当に良い商品に確実にアクセスできる保証がないということです。

より広告費をかけているからサンプル品を作れるわけで、広告なしの原価勝負をしている良品は、サンプルとして出てきません。

正しい情報ではあるものの、必ずしも良い商品に出会えるわけではないのです。

信頼できる人(家族や友人)からの口コミ

家族が「このシャンプーおすすめだよ」と言ったら、疑う余地もないでしょう。
あなたを騙すメリットはないですし、遺伝子や生活習慣が似ていることから、シャンプーの効用もほぼ同じになると思われるからです。

問題となるのは、家族が良品にたどり着いていない場合があることです。

おそらくこの記事を読むようなあなたより、家族の方が情報には疎いはずです。

なので、家族の言うことを信用すべきではあるものの、その口コミが全てではないと思っておいたほうがいいでしょう。

複数商品を試して、実績を公開している Youtuber

これは現実的な方法です。

おそらくシャンプーを紹介している美容系 Youtuber がいるはずです。

どの Youtuber が良いのかはチャンネル登録者数ではなく、複数の商品を試して、それぞれ使ってみてどうだったのかを公開している人です。

シャンプーは長期間使い続けないと効果が出ないのかもしれませんが、最低でも髪質がどうなったかが見えるようになっている人がおすすめです。

ここで注意しないといけないのが、商品案件動画でないことです。

動画の最後にシャンプーの宣伝を入れてきたら、その人は広告として商品を紹介しているので正しい情報ではありません。

チャンネル登録者数が多いほど案件動画である可能性が高くなるので、ダイヤの原石のような小規模で良い動画を探す必要があります。

書籍や有料 note

書籍や有料 note には広告が付いていません。

ということは、お金をもらって商品を紹介しているわけではないので正しい商品である可能性が高くなります。

注意点は、書籍がやたら安かったり、巻末に自社商品の宣伝が書いてあることです。
著者が完全な善意でやっているのか、お金儲けのためにやっているのかは見抜かないといけませんが、先にお金を払っているので正しい情報だと思っていいでしょう。

その道のプロ(美容師や専門家)の意見

プロが紹介する商品は真に受けてはいけません。

おそらく多くの人がこの経路で情報を入手していると思いますが、僕はおすすめできません。

基本的に紹介されるのは、その人がプロデュースしている商品か、美容室が持っている自社商品だからです。

多少は信じてもいいかなと思うのは、美容師が紹介する市販のシャンプーか成分単位で指定してくれるものです。

市販のシャンプーは美容師にとって何の利益にもならないですし、「ノンシリコンがいいよ」みたいな意見も利益にはなりません。

プロにとって利益になっていない、完全に善意で教えてくれるものだけを信用しましょう。

WEB 検索で出てきたページ

WEB 検索で出てきたページはほとんど信用できません。

なぜなら、そこで紹介されている商品はアフィリエイト商品だからです。

アフィリエイト商品というのは、あなたが WEB ページからその商品を買うと、ページ作成者にマネーが入る仕組みのものです。

僕もブログを書く人としてアフィリエイトには詳しいのですが、自分の売りたい商品ではなく、買ってくれたら高いキャッシュバックが得られる商品を紹介しているページも数多くあります。
というかほとんどがそうです。。

なので、基本的に WEB ページから商品を探すことはおすすめしません。

広告費がどれだけかかっているかが決め手

人間、お金がもらえるとなると嘘の情報でも簡単に勧めてきます。

これに騙されると情報弱者として、嘘の情報を信じ込まされてしまうのです。

あなたが情報を得る時に必ず考えてほしいのが、どれだけの広告費がかかっているかです。

無料の不動産セミナーは、不動産を売るための広告として開かれているものです。

テレビ CM には多くの広告費がかかっています。

裏側のマーケティング手法や広告費の相場がわかるようになれば、嘘の情報を掴まされることは少ないでしょう。

正しい情報を得るために、善意で教えてくれるのか、利益のために教えてくれるのかを見抜くことが大切です。