コロナ禍でのディズニーに行って、良かった点、悪かった点

Share on:

2021年12月28日にディズニーランドに行ってきた。コロナ禍ということで、ディズニーのシステムがいろいろと変わっていたから、良かった点と悪かった点をまとめていく。今後、ディズニーに行こうとしている人の参考になればと思う。

ディズニーが変わって良かった点

  • 入場者数が少ない
  • 並ぶ時間が少ない
  • ファストパス(スタンバイパス)がアプリで取れる
  • すべてがキャッシュレス

入場者数が少ない

ディズニーでは入場者数を制限しているため、明らかに空いていた。以前までは前が見えないほど人がいたが、かなり動きやすくなった。

並ぶ時間が少ない

入場者数が少なくなっているから、当たり前だが、アトラクションに並ぶ時間が少なくなった。60分以上並ぶことはなく、人気アトラクションでも40分ほどで乗ることができる。

レストランも、10分も並べばレジに着くし、席がなくなることはなかった。

ファストパス(スタンバイパス)がアプリで取れる

ファストパスが廃止され、アプリで取れるスタンバイパスになった。これにより、人気アトラクションに乗りたい場合は、アプリで事前予約を取るような形になった。

指定された時間に行くことで、最大40分以内にアトラクションに乗ることができるようになった。

すべてがキャッシュレス

ポップコーンもレストランも自動販売機もすべてがキャッシュレスになっていた。てか、自動販売機ができたことも新しくて驚いた。

ディズニーだけに限らないが、現金の手渡しを避けるために、今年はあらゆる場所でキャッシュレスが導入されている。思わぬ形で、IT化が進んでいたんだ。

ディズニーが変わって悪かった点

  • 人気アトラクションは1日1回まで(例外あり)
  • 新アトラクションは抽選に外れると乗ることができない
  • 屋内での並ぶ時間を楽しめない
  • パレード・ショーがほとんどない

人気アトラクションは1日1回まで(例外あり)

スタンバイパスが取れるのは、1アトラクション1回まで。終演間際になるとスタンバイパス無しでも乗れるようになる可能性があるが、基本的には、1アトラクション1回までだ。

同じアトラクションに何回も乗りたい人にとっては、物足りないと思ってしまう。

新アトラクションは抽選に外れると乗ることができない

ディズニーランドにできた新アトラクション「ベイマックス」と「美女と野獣」に乗るためには、抽選で当たらなければならない。

ちなみに僕はどちらも外れたから、せっかく楽しみにしていたのに、乗ることができなかった。

入場してすぐ抽選に応募できるようになるのだが、外れるといきなり絶望してしまう。

屋内での並ぶ時間を楽しめない

お客さんを屋内にとどめておく時間をなるべく少なくするために、外で並ぶようになっている。アトラクションによっては、屋内で並んでいる時間が楽しかったりするから、楽しみが少し奪われた気がする。

パレード・ショーがほとんどない

アトラクションはほぼすべてやっているが、パレードとショーはほぼすべてやっていない。パレードとショーが好きな人にとっては、物足りなくなってしまうだろう。

まとめ

今のディズニーはガツガツ楽しみたい人にとっては、物足りなくなってしまうかも。

人が少ないから、まったり雰囲気を楽しみたい人にとっては、今行くべきだと思う。