Hugoでブログを作り直しました。

Share on:

この記事から、新ブログデザインを始めます。

これまでは、Wordpress を使ってブログを作っていたのですが、Hugo という静的サイトジェネレータに置き換えることにしました。

Wordpress を辞めた理由と、Hugo を選んだ理由について書きます。

Wordpress を辞めた理由

Wordpress を辞めたのは、管理が大変だからです。Wordpress でブログを立ち上げるためには、サーバとデータベースが必要です。レンタルサーバを借りればクリックだけで作ることも可能ですが、PHP のバージョンを更新したり、プラグインの更新を手動で行う必要があります。

プラグインに関しては、Wordpress のバージョンが上がると、対応しなくなることもあり、そうなると新しいプラグインを探し直さないといけません。

自分でコードをいじることもできますが、Wordpress はコードをいじるために作られていないので、プログラマーにとっては非常にコードが書きづらい仕組みになっています。

Wordpress は各データを 1 つ 1 つデータベースから取ってこないといけないのですが、そうなると、ページを表示するのに時間がかかります。Google のサイト評価によると、Wordpress で作ったサイトで高評価をもらうのはかなり難しくなるわけです。

Wordpress はプログラミングができない人でも自分のブログを作ることができ、テーマを選んだり設定を変えたりすることで、なんとなくかっこいいデザインに仕上げることができます。しかしながら、コードを書いたり、セキュリティにうるさかったり、SEO を本気でやっている人たちにとって Wordpress は、使いづらいサイトになってしまいます。

これまでは、ブログサービスでやるくらいなら Wordpress でブログを立ち上げたほうがいいと言われていましたが、これからは、Wordpress でブログを立ち上げるなら、他のサービスを使ったほうがいいと言われるかもしれません。

Wordpress から静的サイトジェネレータに乗り換える

Wordpress に置き換わるサービスを探したところ、静的サイトジェネレータに行き着きました。静的サイトジェネレータは、データベースを使わないので、サイト速度がめちゃくちゃ早くなります。

このサイトを触ってもらえばわかるのですが、文章がながくても、画像があっても、それなりに早く表示されるはずです。もちろん Google からの評価も高いですよ。

静的サイトジェネレータを導入するためには、多少プログラミングの知識が必要になったり、データの移行のために加工することも多々あったので簡単とは言えませんが、最初の移行さえ終わってしまえば、管理が楽になります。

Hugo を選んだ理由

静的サイトジェネレータにもいろんな種類があり、他のブログでは GatsbyJS という静的サイトジェネレータを使用したことがありますが、今回は Hugo を使うことにしました。

Hugo にした理由は、Wordpress のプラグインに、Hugo 用のエクスポートがあったからです。GatsbyjS の場合、プラグインがないので自分でスクリプトを書いたりする必要がありました。

以前、この記事の移行で詰まってしまった経験があるので、エクスポートプラグインのある Hugo を選択しました。 また、Hugo は golang で作られているので、サーバサイドを得意とする僕とって扱いやすいと思いました。

GatsbyJS は React を使っているので、フロントエンドの知識が必要で、カスタマイズに手間取りましたが、Hugo は感覚的に仕組みがわかるような気がします。

Hugo にして大変なこと

英語の情報がほとんどなので、わからないことを調べるのが大変です。

Wordpress なら大量の情報が出回っていますが、Hugo で調べるときは、公式ドキュメントが命です。これから多くの人が使うようになり、たくさん議論してもらいたいですね。

また、プラグインが少ないので、自分でコードを書かないとできないこともあります。まだ大してカスタマイズをしていないのですが、例えば、記事の SNS への自動共有なんかは、実現できるかわかりません。

ただ記事を積み上げていくだけなら何も困ることはないのですが、機能を盛り込もうをすると、労力がかかりそうです。

それでも変えてよかった

レンタルサーバをそろそろ解約したいなと思っていたので、Hugo に乗り換えてよかったと思っています。Hugo ならアクセスが集まりすぎない限りは無料なので、レンタルサーバは解約して、これから何か作りたくなったら、AWS を使うと思います。

記事を書くときも普段から使っているエディタを使って掛けますし、コードを書くような感覚で記事を書いていけるので、楽ちんです。

プログラミングが少しでもできる人は、Wordpress から Hugo に乗り換えてみてはいかがでしょうか。