身銭を切ろう

Share on:

インターネットを使えば、あらゆる情報が手に入る時代です。

  • 旅行プラン
  • おすすめのレストラン
  • ホワイト企業
  • 友達探し

これだけ情報が簡単に手に入れば、全くお金を使うことなく正しい選択ができると考えるでしょう。
しかし、実際にはインターネット上に出回っている情報がすべて正しいとは限りません。

本当に正しい情報を手にして、正しい経験をするには、身銭を切る必要があります。

今回は、身銭を切る大切さについてお話します。

自らの意見に従ってリスクを取ろう

インターネットの情報は、他人の意見や経験です。

これを鵜呑みにしてしまうと、あなた自身の意見がなくなってしまいます。

南国の海がキレイかどうかは人それぞれの価値観であり、誰かがキレイだといってもあなたにとっては汚いのかもしれません。

この価値観を埋めて、正しい情報を手に入れるには、実際に南国に行ってみるしかありません。

自分の目で確かめるためにお金を時間を使うことこそ、身銭を切ることになります。

リスクを取るべき理由

リスクというのは、使ったお金と時間が無駄になる可能性があるが、リターンをもたらす可能性もあることです。

南国旅行に行って、海が汚かったとしたらお金と時間が無駄になったと感じるかもしれませんが、海がキレイであれば行ってよかったという満足感を得ることができます。

もしインスタ上で海の写真を眺めているだけなら、お金も時間もほとんど失いませんが、満足感を得ることはできないでしょう。

満足感(リターン)を得るにはリスクはつきものですが、このリスクを取るために行動することこそが、正しい知識と経験を得るために大切なのです。

情報を得るだけで満足してはいけない

本を読んだり、SNS で情報を得ると頭が良くなった気になりますが、行動に移さないとなんの意味もありません。

世の中のことをいろいろ知っていると思い込んでいるだけで、身銭を切ってみないとその知識が本当かどうかはわからないからです。

なぜ理科の実験があるのか

学生時代に理科の実験をしたことがあると思いますが、なぜ必要なのでしょうか。

受験のために良い成績を取りたいだけなら、教科書を読むだけで十分ですし、答えは書いてあります。
実験をすることで、教科書の知識が本当かどうかを確かめる必要があるのです。

教科書の答えは概ね正しいはずですが、例えば炎が赤から青に変わるのはどのくらいガスの量を出したらいいのかについては、ガスバーナーをひねってみないとわかりません。

リトマス試験紙の色が変わるかどうかは、写真で見ても、実際に水につけてみないとわかりません。

実験をして、失敗もしてみることで、正しい知識が身につくのです。

何も学ばずに行動してもいいのか

行動が大事なら、何も学ばずに行動してもいいのかと考えるかもしれません。

僕は、学んでから行動すべきだと思っています。

行動することが大事なのは先述しましたが、何も学ばずに行動するのは武器を持たずに戦場に出るのと同じです。

行動は、情報が正しいのかを確かめたり、疑問を解消するために行われるものだと考えると、そもそも疑問がないと行動する目的がないでしょう。

基礎を身につけてから行動する

まずは基礎知識を身につけましょう。

僕は、本から独学で学ぶより、先生やトレーナーをつけるべきだと考えます。

本の情報はインターネットに比べると信ぴょう性がありますが、学ぶまでに時間がかかります。

知っている部分は、先生に教わるほうが早く学ぶことができます。

先生をつけるにはお金がかかりますが、これも身銭を切ることにほかなりません。

基礎を身につけるために身銭を切り、行動するために身銭を切るのです。

失敗を繰り返しながら学ぶ

失敗をしたら人生終わりだと考えてしまう人もいますが、全くそんなことはありません。

むしろ失敗はどんどんすべきです。

僕が今書いているブログ記事だって、誰にも読まれなければ失敗であり、ほとんどの記事が読まれません。

少しづつ改善していき、徐々に読まれる記事が書けるようになるのです。

失敗しないと改善点が見えてきませんから、どんどん失敗すべきです。

失敗のあとに改善は必須

失敗すると怒られるから、失敗したくないという人は、おそらく改善していない人です。

野球を始めたての子供に怒る大人はいません。

ただ、ルールを覚えたのに間違える子供に対しては怒ります。

失敗して怒られるのは、同じミスを繰り返すからです。

科学の実験をするにしても、同じ組み合わせで失敗したら、1 回分無駄にしたのと同じです。

どんな組み合わせで失敗したのかをメモしておいて、同じ失敗は繰り返さないことが実験の基本です。

これと同様に、仕事でもプライベートでもどんな失敗をしたのか、次にどう改善するのかを考えて、行動することが大切です。

毎回試行錯誤していることが伝われば怒られることは少なくなるでしょうし、成長スピードは早くなります。

まとめ

とにかく身銭を切って行動しようということです。

お金を投資に使うのは悪いことではありません。

お金を使う=浪費だから貯金こそ良いことだと考えているのであれば、投資という考えを持ちましょう。

今後インターネットや本から情報を得るときは、この情報は正しいのかを考え、疑問があれば身銭を切って経験してみましょう。