大企業に勤め続ける危険性

Share on:

多くの人にとって大企業に入ることはとても魅力的なことだと思います。

私もこのブログを通して、新卒なら大企業に入るべきという意見を発信しています。 ただ、大企業に居続ける危険性もありますので、早いタイミングでベンチャー企業に転職することもおすすめしています。

今回は、「大企業に居続ける危険性」について書いていこうと思います。

大企業だとスキルが身につかない

私も大企業に勤めていたことがあるのですが、ほとんどスキルは身につきませんでした。

もちろん自分で勉強したり、積極的に仕事をする姿勢があればスキルは身につくとは思うのですが、-–でも解説したように、楽に生きるための大企業なので、そこまで必死にスキルを身につけようと思わないのです。

逆にベンチャー企業で働いていると、スキルがないと仕事ができないですし、いつ潰れるかもわからないので、転職できるスキルを身につけないといけないと思って必死に勉強します。

仕事内容的にも大企業は古い技術を使う傾向にあるので、これからエンジニアとしてスキルを磨いていきたいのであれば、ベンチャー企業やフリーランスとして常に新しい技術に触れることができるような環境に身を置くべきです。

若いうちは収入が低い傾向がある

大企業は収入が高いと言われていますが、それは本当なのでしょうか。

平均年収が 800 万円もあると収入が高いと思ってしまいますが、よく見なければいけないのが、平均年齢です。 年功序列の日本社会なので、平均年齢が高ければそれだけ平均年収も高くなる傾向にあります。 なので、大企業に入っても、思ったより給料が高くないと思うこともあるでしょう。

確かに福利厚生は整っているのですが、福利厚生目当てに若い時の収入が低い大企業に勤めるなら、ストックオプションがもらえるスタートアップに行くなり、単価が高いフリーランスになる方が大きな収入が得られると思います。 ただ、安定感は大企業の方があるので、常に月 30 万円がもらえれば満足、という人は大企業のシステムの方が向いているかもしれません。

副業ができない場合がある

このブログもそうですが、残業規制によって、副業がブームになりつつあります。

自分の趣味を仕事にしたり、他のプロジェクトに入って仕事をしてみることは大きな経験になるのでおすすめしますが、大企業では副業が禁止されているところもあるので、注意が必要です。

私がいた大企業の役員の方々も副業は絶対禁止のスタンスでしたので、大企業には残業は規制するけれども副業は禁止する、という人も多いということです。

本ブログでは、副業で仕事の流れを覚えつつ、転職やフリーランスへの独立をしていくというリスクの少ない方法をおすすめしているので、そもそも副業ができないとなるとキャリアが不安定になるリスクもあります。

場所を選んで働くことができない

ノマドワークやリモートワークのような先進的な働き方ができる大企業は少ないです。

申請すればリモートワークならできる会社はあると思いますが、海外移住したり、地方に住みながら働くといったスタイルを取ることは基本的にはできないと考えて良いでしょう。

これは仕事内容のせいではなく、人数が多いため、管理が難しくなるということだと思います。 なので、今後大企業がリモートワークができるツールを導入しても、完全ノマドワークを実現することはないと思っています。

さらに、大企業の場合は全国に支社があったりするので、転勤の可能性もあります。 転勤したいのであれば、ノマドワークができるフリーランスになった方が自由な生活ができると思います。

リストラへの対策が難しい

大企業は安定しているので、リストラされる可能性は低いといえます。 とはいえ確率はゼロではないので、リストラされることも想定しておかないといけません。

冒頭でも書いたように、大企業にいるとスキルが身につかないので、転職は難しくなります。

楽天的に考えれば楽に生きることが可能なのですが、もし仕事がなくなった時のことを考えると、大企業に居続けることは危険だと思います。

どのようなキャリアにもメリットデメリットがある

大企業が良いという人もいれば、エンジニアならフリーランスになるべきだという人もいます。

どちらが正しいということではなく、キャリアにおいて何を重視するかによって進むべき道が決まってくるというわけです。

私も大企業に入ることのメリットとデメリットを記事にしていますが、大企業至上主義ではないですし、批判的な立場でもありません。

私が思う、楽に生きるを実現するためにはどのようなキャリアを進むべきかを発信しているわけです。

それぞれが自分の道を決めるための参考になればいいなと思っています。