【デザイナー向け】WEBデザイナー転職におすすめの転職エージェント

WEBデザイナーになりたいけど、どの転職サイトを使えばいいの?

転職サイトごとのおすすめを教えてほしい。

こんな疑問に答えます。

WEBデザイナー向けの転職サイトの種類は以下の通りです。

  • IT業界専門の転職エージェント

  • 総合的な転職エージェント

  • フリーランス専門のエージェント

上記の種類別転職エージェントごとのおすすめを紹介します。

IT業界専門の転職エージェント

IT業界専門なので、エージェントがIT業界に詳しいです。

IT業界やWEBデザイナーの働き方について詳しく知りたい人におすすめです。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界最大手の転職エージェントサービスなので、求人数が多くあります。

IT業界専門なので、エージェントもIT業界に詳しく、未経験の人がWEBデザイナーとしてどんなキャリアを進んでいくとか、現場の様子などを教えてくれます。

僕もレバテックキャリアでエンジニアとして相談を受けたことがあるのですが、担当エージェントが元エンジニアだったので技術とかIT業界についてとても詳しかった印象があります。

WEBデザイナーについてあまり詳しくないという人は、相談だけでもしてみると良いと思います。

Webist(ウェビスト)

Webistはクリエイター向けの求人サイトです。

WEBデザイナー向けの転職サイトは非常に少ないので、WEBデザイナーになりたい人は登録必須のサイトです。

週3日勤務やリモートワークといった、WEBデザイナーならではの働き方も提案してもらえます。

Tech Stars Agent

Tech Stars Agentは、ハイレベルな求人が多くあります。

ある程度WEBデザイナー経験のある人におすすめです。

マイナビクリエイター

大手転職エージェントのマイナビによるクリエイター向けの転職エージェントです。

就活のころからマイナビを使っていた人は多いと思うので、なじみ深い会社だと思います。

マイナビクリエイターの特徴は、ポートフォリオ作成サービスがある点です。

ポートフォリオ作成サービス - MATCHBOX

WEBデザイナーを目指す人にとって、ポートフォリオは必須ですが、デザインの作り方や公開の仕方がわからないという人もいると思います。 そんな人のためのサービスです。

総合的な転職エージェント

総合的な転職エージェントはあらゆる業界の企業があるので、社会全体におけるWEBデザイナーの求人状況や、他業界のデザイン部署への転職も可能です。

おすすめは以下の通り

WORKPORT

WORKPORTは総合転職エージェントですが、IT・ゲーム業界転職専用のエージェントも用意されており、全業界について詳しいし、IT業界専門のエージェントもいる。といういいとこどりのエージェントサービスです。

転職業界の中でも転職者数や案件数が多い大手の会社なので、いろいろな会社から選びたいという人におすすめです。

type転職エージェント

type転職エージェントの特徴は、転職フェアを頻繁に開催している点です。

電車で転職フェアの広告を見たことがある人もいると思います。 エージェントに聞くだけでなく、合同説明会のように企業の人に直接話を聞くことができるので、会社のことを詳しく知りたいという人におすすめです。

フリーランス専門のエージェント

フリーランス専門のエージェントは、未経験向けが少なく、ある程度スキルのある人におすすめします。

正社員雇用と違って短期間で会社を移動することになるので、その度にエージェントとやりとりをすることになります。 1度入社を決めたら終わりではないということが、他の転職エージェントとの大きな違いです。

おすすめのフリーランス専門のエージェントは、以下の通り。

レバテックフリーランス

レバテック フリーランスは、上の画像にもあるように、直受け案件が多くあります。

直受け案件というのは、「企業→レバテック →求職者」のように間にエージェントを一つしか挟んでいない状態です。

エージェントによっては間に2つ、3つ挟んでいる「2次受け、3次受け」も存在するのですが、中間マージン(手数料)をかなり取られてしまうので、直受け案件をおすすめします。

Midworks

Midworksは、福利厚生サービスが充実しています。

フリーランスに福利厚生なんてあるの?と思うかもしれませんが、Midworksは「フリーランス協会」に入っているので、保険や給与保証、福利厚生サービスを受けることができます。

フリーランスになったけど、仕事がちゃんと受けられるか不安というひとは、Midworksがおすすめです。

ギークスジョブ

ギークスジョブは、未経験OKの案件があります。

他にも「市場価値診断」や「各地でフリーランスセミナー」もやっているので、初めてフリーランスになる人におすすめです。

エージェントを使わずにフリーランスになりたい人は

エージェントを使わずにフリーランスになりたい人は、知人の紹介から仕事を受けると良いでしょう。

もしツテがないけど、自分で企業を見つけたいという人は、Wantedlyがおすすめです。

Wantedlyは転職サイトではなく、ビジネスマン向けのSNSのような位置付けなので、転職目的ではなくてもいろんな企業と繋がりを持つことができます。

まとめ

ここまで紹介してきた転職サイトを以下にまとめます。

総合的な転職エージェント
フリーランス向け転職エージェント

WEBデザイナーとして、どのような会社で、どのように働きたいのかによって使うべき転職エージェントは変わってきます。

上記を参考にして、あなたにとって一番合っている転職エージェントを見つけてもらえればと思います。