最近4D映画というのが流行ってきているが、4Dとは何かご存知だろうか。
順を追って解説していくと、2Dは平面で観る映像、3Dが立体で観る映像。
そして4Dは立体かつ身体への動きがあるものである。
例えば水がかかったり、風が吹いてきたり、座席が揺れたりするものが4Dの特徴である。
しかし、映画館に行くと「4DX」とか「MX4D」という文字を見かける、これは一体何なのかを解説していく。

4DXとMX4Dは運営会社が違う

4DX:韓国のCJ 4DPLEX社が作っているシステム
MX4D:アメリカのMediaMation社が作っているシステムである。
そして各映画館がどちらかの4Dシステムを導入しているため、映画館によって4DXと呼んだりMX4Dと呼んだりするというわけである。

4DXとは

4DXとは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。

4DXを採用しているユナイテッドシネマの解説によると、「動き」「水」「風」「フラッシュ」「香り」「煙り」などの特殊効果があると説明している。
4Dにあるべき機能は全て備わっているということであるが、これだとMX4Dとの違いがわからないので、MX4Dについての解説も見てみよう。

MX4Dとは

TOHOシネマズによるMX4Dの説明
TOHOシネマズHPより
上記の画像の通り、4DXより詳しい説明をしているが、機能としては変わらないだろう。
これは実際に映画館に行って観てみるしかないようである。

4DXとMX4Dを比較した結果

実際に4DXとMX4Dを体験してみた結果であるが、4DXの方が圧倒的に臨場感があった。
これは他のサイトや口コミでも同様の意見が多かったのだが、もちろん人によって意見は分かれるだろう。
4DXの方が水しぶきや風の勢いがあった。
動きに関してはほとんど違いはないが、どの場面で動きを繰り出すのかというのも4DXとMX4Dでは違いがあるようで作品で統一はしていないようだった。

MX4Dをフォローする

4DXが良いとしてしまってはMX4Dの立場がないから、MX4Dをおすすめしたい部分についても何とかフォローする。

動きの付け方に好みがある

まず先ほど述べたように、4DXとMX4Dでは動きを付ける場面が違うため、人によっては4DXの動きの付け方が物足りないという場合もある。
この場面では動きは要らないとか、水じゃなくて風でよかったとか好みが出てくるため、人によってはMX4Dの動きが合っている人がいる場合がある。
そういう人にはMX4Dをおすすめする。

水や風が苦手な人

水しぶきはあまり受けたくないという人や風が強すぎるという人にとってはMX4Dが向いているかもしれない。
大抵の人はそれを目当てに4Dを観るため、4DXの方が良いはずなのだが、中には動きだけでいいから水や風はやめてほしいという人もいる。

TOHOシネマズが好きな人

TOHOシネマズはMX4Dを採用しているため、TOHOシネマズで4DXを観ることはできない。
TOHOシネマズが家から近いとか、ポップコーンの種類が豊富で好きだとか、映画館を変えてまで4Dシステムにはこだわらないという人はMX4Dで良いだろう。

最後に

MX4Dを何とかフォローしたが、どちらも基本的な機能は備わっており、ただシステムを作っている会社が違うということである。
これからも2社もしくは新たな参入会社によって4Dはどんどん成長していくはずであるから、これはあくまで現時点での比較にすぎないということを留めておいてほしい。