電話をしなくても生きていける!

Share on:

賃貸物件を探すために不動産屋さんに行ったり、物件を問い合わせたりすることがあるのですが、不動産屋さんはなぜか、電話をしたがるんですよね。

IT の世界で生きている人は、仕事がリモートワークになったりして、基本電話をせずに、LINE や Slack、メールなどでやり取りをする人が多いと思います。

電話をする文化は、テクノロジー的には**時代遅れだと感じています。**なので、不動産屋から電話が来ても、一切電話には出ません。

特に、客側にとって、電話は不利になります。

話す内容が難しい

不動産屋からの電話の内容は、もちろん不動産関連です。僕ら客は不動産に関して無知なので、専門用語とかを使われてもよくわかりませんし、知ってる言葉でも実際には知っているつもりだったりします。

電話でのやり取りは、不動産屋に有利になるので、客としては電話に出ない方がいいです。

証拠が残らない

不動産の契約の話を電話でしたとします。

「礼金をタダにします。」

「それなら契約しましょう。」

みたいな話をして、いざ契約のときになって契約書を見ると、礼金がタダになっていません。

そのまま契約をしてしまえば、礼金を払うことになっていたでしょうし、電話でのやり取りは残らないので、証拠もありません。

初期費用の見積もりなどは、必ずメールで送ってもらうようにしましょう。というか、電話でのやり取りは基本するべきじゃないです。

無視できない

スーモとかから物件を一斉に問い合わせると、何件もの不動産屋から連絡が来ます。1 つ 1 つ返信するのは面倒なので、どこか 1 件に絞って、他に問い合わせた物件も調べてもらっています。

メールでのやり取りなら、不動産屋の選択ができるのですが、電話だとそうはいきません。電話が鳴りっぱなしになってしまいますし、電話口でカレンダーを見ながら内見予約をするのはかなり大変です。

問い合わせをするときに、電話番号は書かずに、備考欄に「メール連絡希望」と書いておけばメールで返信してくれるので、おすすめです。

まとめ

日常でも、電話をすることはほとんどありません。クレジットカードの解約とか、なぜか電話でしか応対してくれない場合のみ、電話します。

仕事でも、電話はしないですし、もし会話がしたい場合は、Zoom でのビデオ会議が主流です。

電話はお金もかかりますし、良いことは 1 つもないので、今すぐやめましょう。

電話できるスマホを呼び端末にしておいて、電話ができない SIM が入っているスマホをメイン端末にしちゃってもいいと思いますよ。