人脈は必要ないと思う

人脈は必要ないと思う

外出自粛期間中は、一回も電車に乗らず、飲み会にも行かず、ひたすら家で過ごしていました。もちろん出社もしていません。そこで気づいてしまったのですが、人脈って不要だなと。

会社の人とチャットでのやり取りをしたり、Twitter上で誰かと会話をすることはあっても、それがビジネスにつながったり、有益な情報を入手できたわけではありません。

最低限のコミュニケーションさえあれば、「人脈」と呼ばれる深い関係の人は必要ないなと思ってしまいました。

生活に必要なものに「人脈」はない

あなたが生活をしていくために必要はものはなんでしょうか。まずお金が絶対的に必要でしょう。そのお金を得るために必要なことを以下にまとめました。

  • お金が必要
  • 仕事を見つける
  • スキルを身につける
  • 勉強する

つまり、勉強して、スキル身につけて、仕事を探せば、生活必需のお金が手に入るわけです。スタートは勉強なので、これは一人でできます。

生活するためには、人脈は一切いらないと思います。

スキルも実績も無い人に人は寄ってこない

「人脈があると、仕事の幅が広がったり、面白い経験ができる」という考え方もあると思います。それも一理あると思いますが、仕事の幅や面白い経験は、一人でもできるし、生活必需ではありません。

さらに、仕事や経験を与えてくれるようなすごい人とのつながりは、あなた自身にスキルや経験がないとできません。

まずは、一人で勉強したり、すごいことを成し遂げるべきではないでしょうか。

人に時間を使うと消耗する

人と会うのって、結構消耗すると思います。僕は引きこもりがちなのですが、外出自粛によって、さらに人混みに行けなくなってしまいました。

人と接触すると、精神的に消耗すると思います。例えば、

  • 飲み会
  • お手伝い
  • 面談

とか何でもいいんですが、特に知らない人と会うのはとても疲れます。

なるべく人と接しないように生きていると、気持ちが楽になりますし、自分の勉強や仕事に集中できます。

Webエンジニアという仕事は、人に会わなくても充分にできるので、人と会うのが疲れるという人には向いている職業です。

今の時代、一人でも生きられる

リモートワークができることが証明されてしまった昨今では、一切人と会わなくても生きていけると思います。

理由はただ一つ、インターネットで繋がれるからです。娯楽なら、スマホゲームやNetflixがあるし、買い物は通販があるし、仕事も家でできる。

それなりに楽しく生きていくなら、家に引きこもっていてもできる時代になってしまいました。

2025年には、完全にインターネットで働くことができるという内容の、ワークシフトという本がおすすめです。