OB・OG訪問は必要なのか【必要ありません】

就活をしていく中で、「OB・OG訪問」というイベントがあります。

入りたい企業に勤める大学の先輩にお話を聞くというイベントなのですが、僕としては、OB・OG訪問は不要だと考えています。

今回は、OB・OG訪問が必要ない理由について考えをまとめました。

OB・OG訪問が必要ない理由

  • 時代によって入社難易度が違うから

  • 各個人の仕事内容には再現性がない

  • 一般的な情報ならインターネットで十分

時代によって入社難易度が違うから

3年前と今では景気が違うので、企業の採用数や採用難易度も変わっている可能性があります。

3年前と同じ対策では対応できない場合もありますし、もっと簡単に入社できてしまう場合もあります。

いくら先輩に話を聞いても、今年の採用情報までは入手することができませんので、お話を聞く意味はあまりないと思っています。

各個人の仕事内容には再現性がない

大きな企業になればなるほど、個人の仕事内容に再現性がなくなってきます。

特定の部署の特定の案件の話をしてもらったとしても、あなたが全く同じ仕事内容になることはほぼないですし、残業時間や有給の取りやすさなども部署によって違います。

ベンチャー企業ならまだしも、大企業の場合は、個人の意見はあまり参考にならないです。

一般的な情報ならインターネットで十分

個人の意見が参考にならないなら、会社全体の様子を聞いた方が意味があるわけですが、会社全体の情報はたいていインターネットで十分公開されていますし、会社説明会の方が詳しく話してくれるので、OB・OGという一個人に聞く必要はありません。

インターネットで聞けないような会社情報を知っている場合のみ、OB・OG訪問をする意味があるといえます。

OB・OG訪問をしても不安はなくなりません

OB・OG訪問をすることで、少しでも就活の不安を和らげようとしたい気持ちはわかります。

ただ、不安がゼロになるわけではないので、不安解消のためのOB・OG訪問も意味がないと思います。

落ちる確率がある以上、不安はなくなりません

面接対策の記事を書いていますが、どれだけ意見を聞いても、不採用になる確率がゼロになるわけではないので、不安もゼロになることはありません。

やるべきことは、行きたい企業を複数見つけて、その中のどれか1つに内定をもらうことです。

勝てそうなポジションを見つけておくことの方が大事

狭き門である有名企業だけを受けようとすると、不採用になる確率は高くなり、不安だらけになってしまいます。

自分が本当に行きたい企業を見つけ、有名ではなくても受かりそうな企業も受けておくことで、不安が和らぐでしょう。

1つの企業に固執しすぎない

OB・OG訪問をするということは、その人が行っている会社に行きたい気持ちが強いのだと思います。

しかし、その会社だけに固執するべきではありません。

少数の企業しか受けないと、どこの企業からも採用されない確率が高くなります。

OB・OG訪問に行く会社はあくまでも候補の1つであり、他にも何社も行きたい会社がある状態にしておくことが、不安を取り除く最適な方法だと思います。

就活の時期は誰でも不安になりますし、正解を見つけるべくOB・OG訪問に行って情報を得ようとしますが、その会社だけに行きたい気持ちになってしまい、逆に不安が強くなることもあります。

気楽に複数社を候補として就活に臨むことが、不安なく就活を乗り越える秘訣だと思っています。