駆け出しエンジニアがめっちゃ頑張ってて、ベテランエンジニアはあぐらをかいている場合ではない。みたいな意見があります。
が、そんな心配はしなくてもいいんじゃないかと思っています。

ぼくは中堅エンジニアくらいで、駆け出しではないが、ベテランを呼ばれるほどの経験はないと思っていますが、駆け出しエンジニアに追い抜かれる不安は全くありません。
駆け出しエンジニアが一人前になることは喜ばしいことだと思いますし、危機感を持った経験者が踏み潰してはいけません。

エンジニアは足りていないから勝負の世界ではない

日本も含め、世界的にエンジニアは足りていません。駆け出しエンジニアが一人前になったとしても、ぼくら経験者の立場がなくなるわけではないということです。

例えば、スポーツの世界だとなりたい人が多く、なれる人が少ないので、新人の活躍に危機感を覚えるベテランがいるのは当たり前でしょう。しかし、エンジニアの世界は、いくら新人が力を付けても、人が足りていないのだからベテランの居場所は無くならないのです。

百歩譲って、駆け出しエンジニアの成長に危機感を感じたとしましょう。成長する気持ちがあるのは良いことですからね。危機感によって、駆け出しエンジニアを潰すようなことは絶対にしてはいけません。人が少ないということは、一人あたりの負担が多いということです。
1人でも多くの人にエンジニアになってもらわないと、あなたの仕事の負担が増えるだけです。(その分単価も高いけどね)

駆け出しエンジニアが成長すれば、ベテランは得をする

駆け出しエンジニアがどんどん成長した場合、IT業界はどうなるでしょうか。

  • 優秀なエンジニアが増えるので、IT業界の利益が増える→一人あたりの収入が増える
  • 優秀なエンジニアにわからないことを聞ける。→自分の成長につながる
  • 責任ある仕事は優秀なエンジニアがする→仕事の負担が減る

一般的に、責任のある仕事をするのが偉い風潮がありますが、僕の場合は責任のある仕事の負担に対する収入は比例しないと思っているので、仕事の責任は少ないほど良いと考えます。
つまり、駆け出しエンジニアが優秀になると良い事だらけということですね。

ベテランエンジニアは成長よりビジネスを作ること

エンジニアはスポーツ選手と同じで、若いほど有利だと思います。
40歳、50歳になっても20代のエンジニアと一緒に働くのはけっこう大変そうです。
なので、ベテランエンジニアは、ある程度知識を身につけたら、勉強するのをやめて、自分のビジネスを作るべきです。

プログラミングスクールでもいいし、ブログとか、個人開発でアプリ作ってもいいと思います。何かしら、自分の商品を持つことで、労働者としての価値が無くなってからでも社会で活躍できます。
駆け出しエンジニアとのスキル勝負をしていないで、別のキャリアを模索しましょう。その方が、駆け出しエンジニアにとっても、ベテランエンジニアにとってもWin-Winです。

おすすめの記事