エンジニアが地方移住するメリットデメリットとベストなタイミング

Share on:

このブログは初心者エンジニア向けに書いているのですが、初心者エンジニアは都心に住むべきです。

その一番大きな理由は、仕事を見つけやすいからです。
地方だといくらエンジニア不足とはいえ、仕事を見つけるのは大変です。
ましてやモダンな技術を使っている企業を見つけるのはほぼ不可能でしょう。

東京なら多くの企業があるので、数を当たれば 1 つくらいは入社できるというわけです。
しかしながら、東京は生活費が高いですし、そもそも IT というのは場所を選ばずに働くことができる職種なわけで、できれば生活費が安い地方に移住したいものです。

そうなると、初心者のうちは東京で働き、慣れてきたら地方に移住するというのがベストな選択になるわけですが、地方に移住するベストタイミングとはいつなのでしょうか。
地方移住するメリット・デメリットと合わせて解説します。

エンジニアが地方移住するメリット

地方に移住するメリットは、とにかく生活費の安さです。

家賃が安い

東京に比べると、地方の家賃は安いです。僕の肌感覚だと東京で 20 万円する物件が、地方だと 10 万円になります。
もちろん山奥まで行ってしまえば家賃相場はあてにならないのですが、例えば埼玉や福岡など、東京ほどではないけど普通に生活する分には困らない地方都市であれば、10 万円くらいです。

渋谷で 20 万円というと、ギリギリ二人暮らしができるくらいの広さですが、埼玉で 20 万円ならタワマンの最上階レベルです。
埼玉にタワマンがあるかどうかはわかりませんが、20 万円あれば東京以外の地方都市ならどこでも住めるレベルです。

子育てしやすい環境が整っている

東京で子育てしようとすると、広い家を探さないといけません。
先ほどの渋谷の例だと、20 万円で 2 人がギリギリ暮らせるレベルでしたので、3 人、4 人となると 30 万円以上はするでしょう。
それだけの家賃を払うのがいかに難しいかはみなさんお判りいただけると思います。

埼玉であれば、一軒家を 10 万円くらいで借りれば、十分子育てができます。
マンションも 3LDK などの広い部屋がたくさんあるので、東京に比べれば子供を育てやすいはずです。
さらに、東京だと私立学校に入れるのが当たり前の風潮があるようですが、地方だとその逆で、優秀な子供でも公立学校にたくさんいます。
教育費を考えても地方の方が子育てに向いています。

エンジニアが地方移住するデメリット

メリットもあればデメリットもあります。

良い仕事があまりない

地方には IT 企業が少ないので、エンジニアが仕事を探すのは大変です。
仮にあったとしても本社が東京にあるとか、どこかの下請けとかであまり待遇の良い企業はないです。

僕も埼玉や神奈川で仕事を調べたことがありますが、ほとんどが東京の派遣会社の派遣先で、自社サービスを開発している会社はほとんどありませんでした。

仕事が安定せず給料も安いとなると、いくら家賃が安くても残るお金は変わりません。
良い仕事を見つけてから地方に移住した方が良いですね。

車社会である

地方はとにかく車がないと生活ができません。
車を保有するデメリットは維持費がかかることと、運転している時間は何もできないことです。

東京なら電車かタクシー移動ですから、その間にブログを書いたり、本を読んだりすることができます。

車を運転している間は、音楽やオーディオブックを聞くことはできるものの、集中力を使いますし
効率的な時間の使い方ができなくなってしまいます。
また、東京なら車を持たなくても生活できるので、大きな支出は家賃だけですが、地方だと家賃+車の維持費となり、結果的に生活コストに差が出ないということにもなります。

エンジニアが地方移住するベストタイミング

上記のメリットデメリットを踏まえて、エンジニアが地方移住するベストタイミングを考えてみます。
冒頭に書いた通り、初心者エンジニアのうちは東京で働くべきです。
ある程度の実績が出てきたら地方移住を考えてみましょう。

リモートワークができる実績ができたら

初心者エンジニアの場合、最初は派遣や正社員になると思いますが、どこかのタイミングでフリーランスになるかもしれません。

正社員でもフリーランスでも良いのですが、地方移住を考えているならリモートワークで働きましょう。
ある程度のスキルがあれば、リモートワークでも OK してくれる企業が見つかるはずです。
そうなったら、地方に移住して、安い生活費で東京の高い給料をもらうことができます。
また、フリーランスだと契約が切れたらまた仕事を探さないといけないので、次の仕事をすぐ見つけられるような人脈や実績もつけておきましょう。

自分から行かなくても提案してもらえるくらいなら、地方でも安心して仕事ができるはずです。

子供が生まれたら

まだ独身だったり、結婚しても子供が生まれていないタイミングなら東京にいても困ることはありません。

多少部屋は狭いですが、仕事がすぐに見つかるし、出会いもたくさんあります。
いざ子供ができてから地方移住を考えても遅くはないと思います。

子供をどこでどうやって育てるかは、僕が強制できるものでもないので人それぞれ考えてもらえばいいのですが、いずれにしても地方に移住するとなったときに仕事がないのが一番困るので、子供が生まれる前に地方でも仕事がある状態を作っておくのがベストです。

まとめ

自由な働き方ができるのがエンジニアの魅力の 1 つですが、実現するのは簡単ではありません。
ノマドワーク、地方移住、リモートワークがしたいなら、それなりのスキルと実績がないといけませんので。

僕は IT 業界歴 4 年で、プログラマー歴が 2 年ほどですが、いまだにリモートワークはしていません。
できるのかもしれませんが、安定してリモートワークの仕事を受け続けるほどのスキルと実績はまだ無いと自負しています。

エンジニアになるだけなら数ヶ月で可能ですが、リモートワークができるエンジニアになるには数年かかると思っていいでしょう。
そこから逆算して、家庭を持つのは何時頃になりそうか、地方移住はいつまでにしたいのかを考えてみるといいでしょう。