【映画】ファンタスティックビーストの感想

Share on:

今年最大の話題作である「ファンタスティックビースト」をみてきました。
本当は 3D か 4D で観ようと思っていたけど、高いし吹き替えしかなかったようなのでやめました。
序盤の戦闘シーンで目が回ったので、3D、4D にしなくて正解でした。
 
全部で 5 作あると言われている中、今回の 2 作目の見所をお伝えします。
ネタバレはありません。あっても問題ないストーリーかもしれませんが。。

みどころ

グリンデンバルドかっこええ〜

見所はむしろこれだけじゃないかと思われるくらい。
ジョニーデップ演じるグリンデンバルドがカッコ良いです。
悪役なんですが、ハリーポッターシリーズのヴォルデモートとは違い、結構目立ちたがりな感じです。どんどん出てきますし街中を普通に歩いています。
ポッターの心の中で話すヴォルデモートとはまた違ったキャラクターなわけです。
 
このグリンデンバルドが強すぎるんですが、それがわかっていても惹かれてしまう人(魔法使い)がいるわけです。
予告編にも出てくる演説は見所です!
 

ダンブルドアも出てくるよ

若い頃のダンブルドアも出てきます。
ハリーポッターのキャラクターよりはもう少し動きが機敏ですが、自ら戦おうとはしないスタイルはこの頃から健在です。
グリンデンバルドとダンブルドアはライバルなのか、なんかいろいろあるらしいのでそれは今後のシリーズでのお楽しみです。
 

伝説の動物たち

日本だとカッパ、中国だとズーオーっていうのかな。
実際に存在するかわからないけど、伝説と言われている動物が登場します。
前回の舞台がロンドン、今回がパリだったので、物語がグローバルな感じでした。
次回の舞台がどこになるのかも楽しみの 1 つです。
 

残念だったところ

ニュートがあまり目立ってなかったような・・・

主人公のニュートがそこまで活躍してなかった気がします。
兄もイケメンだし、その婚約者のリタが最後頑張ってました。
ニュートはグリンデンバルドの攻撃を躱すので精一杯な感じでどこか頼りなさを感じました。
次回の活躍に期待です!
 

次回作への準備!?

ドラマのように次が観たくなるような終わり方だっただけに、今作は物語の結末というものがなかった気がします。
映画は基本的に 1 作完結だと思っているので、ドラマのような次があるよというのを露骨に出してしまうストーリーは残念でした。
だって、もしかしたら次観るまでに数年待たなければならないわけですから。
 

まとめ

1 作目を観た時はハリーポッターと繋がっていることは知らなかったし、こんなに話題になる映画だと思っていませんでした。
魔法でバンバンやりあうのも楽しいですが、もっとリアリティのあるサスペンスとかの方が好きかな〜とも思ってしまいました。
そうはいっても、ここまで観たら最後まで観たいので、次回作楽しみにしています。