好きなことを仕事にするのは良いことなのか

Share on:

好きなことを仕事にしたら嫌いになるからやめろ! という意見を聞くことがあるが、私は好きなことを仕事にするべきだと思う。
それがどんなことだろうと。
理由は以下の通り。

好きなことをしている時間が多くなるから

好きなことを仕事にすれば、それだけ好きなことをしている時間が長くなる。
それこそが幸せであって、休日など必要ないと思うはずだ。
好きなことを仕事にすると嫌いになってしまうというのは、本当に好きなことではないからだ。
例えば、アニメが好きだからアニメーターになったとする。
毎日遅くまで作品を作って、体力的にきついし上司もうるさい。
これではアニメが嫌いになるに決まっている。
その人が本当に好きなのは、アニメを作ることではなくアニメを見たり、アニメについて語ることなのです。
もしその人がアニメのことをブログや SNS で発信しまくって、インタビューのオファーをもらうことになったらそれは少々忙しくても幸せなのではないだろうか。
好きなことを仕事にする際に気をつけなければならないことがある。
それは、それが本当に好きなのかをよく考えること。
1 日中そのことばかりを考えていられるようなことなのか。
仕事内容が本当に好きなこととマッチするのかを考えよう。
就く仕事を間違えなければ、嫌いになることはないはずだ。

仕事をしている感覚がなくなるから

例えば、好きではない仕事を週に 40 時間するとしよう。
平日に自由時間はなく、趣味のランニングや DIY をするのは休日だけになる。
人生の 5/7 は嫌なことをしていて、あなたの幸せは 2/7 の中でつかむしかなくなる。
これはかなり難しい。というより不可能である。
では、好きなことを仕事にしてみよう。
そもそも休日など必要がなくなるので、7/7 幸せを掴むことができる。
好きなことを仕事にすれば幸せになるのは当たり前のことに思えてくる。
だけど、好きなことをしてもお金を稼ぐことができないという意見に対してはどうだろうか。

お金をもらって何がしたいのか?

アニメーターになっても年収が少ないんだよ。
そうかもしれない。
では、嫌なことをしてお金をたくさんもらったとする。
そのお金であなたは何がしたいのだろうか。
「大きな家にすむ」
「高級車を買う」
「豪華な結婚式を挙げる」
お金をもらってしたいことがあるなら、あなたにとって好きなことは上記のそれなのではないだろうか。
本当にアニメが好きならお金をもらってもアニメを見るのではないだろうか。
もしそれを 7/7 続けていたら年収が低いということはなくなるのではにだろうか。
先ほども書いたように、本当に好きなことでなければ嫌いになってしまうということだ。
本当に好きならお金がなくてもやりたいと思うはずなのである。

好きなことが見つからないという人へ

私もブログを書くこと、プログラミングをすることが本当に好きなことかどうかは疑問である。
しかし、好きであると思い込むことでそれは好きなことなのである。
本当に好きなことを見つけるのに思い込みでやってるだけかよ〜
そう、本当に好きだと思い込んでいるだけである。
それができると信じているし実際にそれができているのです。