新卒で入りたい業界・企業を探す方法

これから就職活動をする人に向けて、「入りたい業界・企業を探す方法」をお伝えします。

僕自身、大学生時代は特にやりたいこともなく、IT業界に入った理由も、 「営業がやりたくないから」 というネガティブな理由でした。

やりたいことがないという学生はたくさんいると思うので、そんな人たちに向けて、どうやって会社を選べばいいのかをまとめました。

結論としては、やりたいことがないなら、とりあえずIT業界に行くべきです。 その理由についてもまとめていきます。

とりあえずいろんな業界の説明会に行きましょう

「私は金融業界に行きたい」

とか

「俺は商社しか行かない」

と考えている人もいるでしょう。

でも、就職説明会は、とにかくいろんな業界に行くべきです。

同じ業界だと仕事内容や待遇もほぼ同じ

同じ業界の会社を複数調べても、仕事内容や待遇にほとんど差はありません。

例えば、住友商事よりも伊藤忠商事の方が平均年収が高くなったという情報があったりしますが、それは伊藤忠商事の方が利益を出しているからではありません。

日本の会社は基本的に年功序列なので、平均年収が高いということは、平均年齢が高いということです。 なので、30歳時点でもらえる額にはほとんど差はないと思われます。

同じ業界の会社をいくら見ても新しい情報はほとんど得ることができないので、業界ごとに有名な会社を1つずつ見ていくべきです。

業界のトップこそがホワイト企業

「できるだけホワイト企業に行きたい」という気持ちは誰しもあると思います。

何をホワイト企業とするのかにもよりますが、基本的には業界のトップがホワイト企業になります。

なぜなら、1位と2位では社会の評価が大きく違うからです。

例えば、検索エンジンといえばGoogleがトップですが、2位のYahooがGoogleに勝つ余地はほとんどありません。

トップになると、市場を独占しやすくなるため、仕事も楽になりやすいというわけです。

平均残業時間や休日数も大事ですが、結局現場によって違いが生まれるので、できるだけホワイトになる確率が高いトップの企業を目指すべきです。

いろんな業界を見ることでやりたいことが見えてくる

どうしても広告業界で働きたいと思っていた人も、いろんな業界を見るうちに、他の業界に惹かれていくこともあります。

結局は社会を知らない学生ですから、やりたいことは1つに決まっているということはほとんどないということです。

いろんな業界を見て、少しでも興味を持ったところに行った方が、就活を終えた時の満足度は高くなるはずです。

やりたいことがないなら、IT業界がおすすめ

まったくやりたいことがないし、そもそも働きたくないという人が大半だと思います。

そういう人はIT業界に入ることをおすすめします。

ブログのテーマがITなので、若干ポジショントークになってしまいますが、IT企業に入ることのメリットを説明します。

どの業界にもシフトすることができる

IT業界というのは、実は存在しないと考えています。 なぜなら、他の業界にITを導入する仕事だからです。

  • ゲーム×ITでソーシャルゲーム

  • 金融×ITでキャッシュレス

  • 小売×ITでECサイト

このように、他の業界を助けるためのテクノロジーなわけです。 なので、とりあえずIT業界に入っておけば、後からどの業界でも渡り歩くことができるというわけです。

働き方もたくさんある

ITの良いところは働き方が自由であるという点です。

ご存知かもしれませんが、例えば、

  • リモートワーク

  • フレックスタイム(時短勤務)

  • 私服勤務

などがあります。 これらの自由な働き方がしたいのであれば、ITが向いています。

リモートワークに関しては、PC1つでできる仕事であることから、多くのIT企業で導入されていますし、時短勤務もリモートワークと合わせて導入しやすいです。

お客さんとの打ち合わせや営業活動が少ないので、スーツを着る必要もありません。

業界だけでなく、働き方も選ぶことができるという点で、IT業界をおすすめします。

スキルが世界共通である

ITのスキルは全世界共通ですので、海外勤務ができる可能性も高くなります。

共通するITスキルを持っていれば、転職がしやすいですし、海外勤務も可能です。

コミュニケーションスキルや実績でしか表すことのできないスキルは、仕事の経験を重ねないと身につきません。 ただ、ITスキルは目に見えるわかりやすいスキルなので、若くして評価してもらうことも可能です。

習得するには勉強が必要ですが、基礎的なスキルを身につけてしまえば世界中で通用するようになるので、ITスキルというのは非常に便利なスキルです。

文系でもIT業界に入れます

「文系だからITには入れない」

ということはありませんので諦めないでください。 文系でもIT業界に入る道はあります。

SIerなら文系未経験でも入れる

SIer(システムインテグレーター)と呼ばれる業界なら文系でも入ることができます。

有名なのがNTTデータでしょうか。 気になる方は調べてみてください。

SIerはとにかく新卒で入社する人の数が多いので、理系の人だけを採用していると間に合わないです。

さらにそこまでプログラミングをがっつりやるという仕事内容でもないので、文系で入社して研修をこなせばある程度はできるようになってしまうわけです。

WEB系も入れるが狭き門になる

WEB系に分類しているのが、楽天やGREEといった自社でWEBサービスを展開している会社です。

これらの会社も文系でも応募はできるのですが、人気が高く、高い学歴や豊富な学生経験が求められます。

チャレンジしてみてもいいですが、入れる可能性は低いということを受け止めておきましょう。

ベンチャーに入るならスキルが必要【おすすめしません】

ベンチャー企業に入るならプログラミングスキルがほぼ必須です。

文系未経験で入社するなら、学生のうちにインターンをするか、なんとかアルバイトとして入社させてもらうくらいしかありません。

新卒というのは大手に入社できるという特権を持っているので、新卒でベンチャーに挑戦する必要はないかなと思っています。

すぐにスキルを身につけたいとか、起業したいと思っている意識の高い人はいきなりベンチャーにチャレンジしてみてもいいと思います。

転職することを考えておきましょう

新卒で入社した会社で定年まで働くというのはまずありえません。 なので、転職を見据えた就職活動をするべきです。

転職を見据えるというのは、転職する際に武器になるスキルを身につけられることという意味です。

ITスキルをおすすめするのですが、それ以外だと実績がわかりやすい仕事がいいと思います。

例えば、新規事業の立ち上げとか、案件の規模が大きいような仕事です。

転職するなら何がアピールできるだろうかを常に考えながら会社を選んでいきましょう。